Life with ...

ようこそ。ここは急性リンパ性白血病になった
やっつぁんの日記です。

since 2005.10.13.
Yacchan Diary

2006年 8月

<<前のページ | 次のページ>>
2006年8月31日(木)
DAY 141  延期に。。。 

 えっと、なんて書いたらいいんかな。。。
 結論から言うと、、、退院がしばらく延期になりました。


 朝の回診が終わってのんびりしていると、採血結果があがってきてきのう上がっていたCRPも陰性に落ち着いて、先生からも退院の最終決定のGOサインが出た。
 退院決定に喜んで周りの患者さんと話をしていると、ふと左目に虫みたいな黒い点々としたものが飛んでいることに気がついた。
 目をこすってみても消えない。左目だけに見えていたから目の中のゴミだと思って水で目を洗ってみたけど取れない。目薬を指してみるとよけいにひどくなった。

 なんじゃこれは??と思って看護師さんを急いで呼んで話すとすぐに先生もやってきて、とりあえず眼科受診に行くことになった。
 お昼過ぎに眼科に呼ばれて視力を調べたり目の中を覗いたりしていろんな検査を受けて、眼科の先生から出た診断結果は

 サイトメガロ網膜炎!!

 カメラで網膜の様子を撮って見せてもらうと右目の正常なピンク色に比べて左目の一部分が白くなっていた。白くなっているのがウィルスがいる証拠らしい。
 病棟に戻ってくるとすでに担当看護師さんや主治医の先生にも伝わっていて
 「これで10日以上は退院延びたね」とダメ出しをされた。
 十二指腸炎についでまたしてもサイトメガロ星人の脅威に屈して退院が延びてしまった(・ε ・ ;)クソー
 なかなか退院できないね〜


 診断によると、なぜか見つかった網膜炎は治りかけているらしい。
 治りかけているのに今ごろ症状が出てくるなんてなんでだろう?と考えたところ、先週の金曜まで点滴でデノシン(サイトメガロによく効く薬)を入れ続けていたから薬が効いていて症状にずっと出なくてそのまま治りかけていたけど、点滴が終了したことによって数日経って網膜炎の症状として出てきたのではないか というのが先生たちの意見。
 それにしても退院する最後の最後まで何かが起こってほんとに気が抜けないww

 ということで、もうしばらく入院が延びるということが決まったショッキングな一日やった。
 このことをみんなに言うと隣のD君だけは遊び相手がいなくならないことに喜んでいた。

 WBC 4980  Hb 12.6  PLT 9.6万  CRP (−)  体温 36.8℃
 サイトメガロ網膜炎、口内の痛み

2006年8月30日(水)
DAY 140  ごんちゃん再来

 今日で移植後140日目、もうすぐ退院できるはず。
 いよいよ退院がせまってきたから今日は朝から看護師さんや病室のみんなへ渡す手紙を書いていた。

 昼になってもずーっと手紙を書くことに夢中になっていると、突然ごんぞうさんから電話がかかってきて面会に来てくれるとのこと。
 退院の予定日が決まったことを知って、その前にお祝いを言いにもう一度会いに来てくれたらしい。ごんぞうさんの行動力の凄さにはたびたび驚かされる(^^;
 また面談室でごんちゃん節のきいたいろんな話をしてほんとに楽しかった。

 ここさいきん慢性GVのせいで口の中が弱って辛いモノが食べれない。
 最初はカレーや高菜チャーハンなどの刺激物がダメなくらいやったけど、最近ではトマトケチャップや漬物やワカメラーメンでも口の中が火傷をしたかのように痛くなる。
 今日はミートスパゲッティを食べて口の中がやられてしまった。一応毎食前後アルロイドという軟膏入りのうがい液(メロン味)でうがいをしているけど一向に良くなる気配がない。。。しばらくの辛抱。

 気になる採血の結果は、肝機能の数値は横ばいで問題なかったけどCRPが0.4とわずかに上がっていたから最終判断は明日の採血に持ち越しになった。マルクの結果はとりあえず良かったらしい。


 WBC  Hb  PLT  CRP 0.4  体温 36.7℃
 口内の痛み

2006年8月29日(火)
DAY 139  マルク
 今日は退院前さいごになるマルク。
 だいぶ痛さには慣れてきたけど回数を重ねるたびにどんどんこそばったくなっていく気がする。だから麻酔が打たれるまではくすぐったさとひたすら格闘。
 今回も研修医のR先生のマルク。少し痛かった。
 このマルクの結果と明日の採血の様子で退院の最終決定が出る。
 無事に退院できますように!

 午後からは隣のD君が借りてきたおでんくんのDVDをいっしょになって見た。

 採血なし  体温 37.0℃
2006年8月28日(月)
DAY 138  報告です!

 先週の金曜日に点滴を完全にきってから、今日の採血で肝機能の数値が悪くなっていなかったため先生から重大発言が飛び出した。
 『来週退院ね!』

 ついに、ついに退院の予定日が決定〜〜!!((T □ T )))

 このまま問題なくいけば9月3日(日)の退院予定
 明日マルクをして、金曜日に胸のIVHを抜いて、日曜日にめでたく退院という段取りになった。
 ある程度は予想していたけど長いことこの病院にいるからあんまり実感がわいてこない。この病院での入院生活もだいぶ長くなっているからやっぱり少し寂しい。
 でも、それ以上に退院できるということが嬉しい。
 ついにシャバの世界に戻れる日が来たんやね。長かったなぁ〜これからがまた長いんやろうなぁ。
 気持ちは浮き足立ちながらも今は家に帰れることを素直に喜んでいる。

 今日はみんなにいい知らせができていい一日やった。

 WBC  Hb  PLT  CRP  体温 37.0℃

2006年8月27日(日)
DAY 137  外泊 3

 今日はプログラフを飲まないといけない9時まで爆睡。
 はっと起きて時計をみると9時ジャスト、急いでうがいをして流し込むように薬を飲んだ。するといとこからのモーニングコールがちょうど鳴った。
 けさも目玉焼きを2枚食べれて朝から幸せ気分やった。次に食べれるようになりたい食べ物は納豆やなぁ〜いつぐらいに食べれるようになるんかなぁ〜

 お昼に24時間テレビが26時間やっていることに気付いたけど見て見ぬフリをしておいた。
 昼ごはんはみんなでたこ焼きを作って食べた。いつ食べてもたこ焼きはやっつぁんの期待を裏切らないくらいウマイ。20個くらい食べた頃にさらに冷やし中華も出てきてお腹がはちきれそうになった。

 帰りの時間になって、雨降りの中、徒歩とバスとモノレールで小一時間ほどかけて病院へ戻った。
 途中で本屋に寄ってみると数子の平成19年度版の本が売っているのを発見してしまってついつい零合星人の本もあわせて2冊も買ってしまった。
 ちなみにやっつぁんは土星人(−)の霊合星人で、ただいま停止の大殺界まっしぐら。占いはいいことだけを信じたいと思ってる反面、数子にけっこう影響されている(^^;

 採血なし  体温 36.7℃

2006年8月27日(日)
DAY 136  外泊 3
 けさはクーラーのタイマーが切れて目が覚めた。
 家のクーラーはついてると部屋の中が冷えすぎて乾燥しまくるちょっとムズカシイ子なんやけど、ついてないと暑すぎてとてもじゃないけど眠れない。だから目覚まし代わりにはもってこいの機械になっている。

 朝ごはんはトーストに目玉焼き、久しぶりに食べたしょうゆのかかった両面を焼いた(←半熟はまだ怖いから)の目玉焼きはたまらなく美味しかった。
 昼ごはんはとんこつラーメン、家で作ってもやっぱりラーメンはウマイんやと改めて実感した。
 夜ごはんは先週食べて本当に美味しかったカラ揚げをリクエストして作ってもらった。サラダも半年振りに食べれて本当に満足やった。


 採血なし  体温 36.8℃
2006年8月25日(金)
DAY 135  外泊 3

 今日から2泊3日の外泊。
 お昼過ぎに帰り支度をすましてD君のお見送り付きで病院を後にした。
 今回の帰宅方法もモノレールとバスを乗り継いで家まで帰った。途中本屋さんにぶらりと立ち寄ったりして自由気ままにのんびりと帰ってきた。
 するとバスの中で本を読んでいると途中で中学校のときの同級生が乗り込んできて偶然に再会した。こっちは帽子にマスクという夏らしからぬ怪しい格好をしていたのにも関わらず目が合った瞬間に一発でやっつぁんやとバレてしまった。なんでわかったのか聞いてみたらなんとなく持っている雰囲気でわかったらしい。そんなに独特の雰囲気もってるんかなぁ。。。

 家に着くと、くたびれてしまってひと眠り。
 いとこからの電話で目が覚めて今日も夜ごはんをお呼ばれになった。いつも美味しいごはんに感謝感謝(^^)

 体温 36.9℃

2006年8月24日(木)
DAY 134  

 今日もD君のチャレンジのお手伝い。

 (D君の感想)
 『理科で光合成の勉強をして、社会では歴史で北条時宗をやって、国語は漢字ばっかりやった。1時間ぐらいやったから疲れた。』

 夜にD君とニンテンドーDSのマリオで対戦をしてコテンパンにやっつけてあげた。

 D君と朝から晩までずっといっしょの一日やった。

 今度の週末は明日からの2泊3日で帰る予定♪

 採血なし  体温 36.7℃

2006年8月23日(水)
DAY 133  おでんくん

 隣のD君はさいきんチャレンジ(進研ゼミ)に没頭中。
 移植中にたまりにたまった チャレンジを頑張ってやっていたので今日は一緒になって問題を解くお手伝いをした。D君の出来がいいのかやっつぁんの教え方がうまいのか問題はスラスラと解けていった。

 昼からは読書にずっと励んでいた。
 すると以前ついてくれていた学生さんが来てくれて東京のお土産として教育テレビでやっているアニメ『おでんくん』の携帯ストラップを買ってきてくれた。
 実を言うと、おでんくんの存在を知ったのは先週のこと。隣のD君がテレビを見て笑っているのが気になって何を見てるのか聞いたところ、それがおでんくんやった。それだけでは大して気にもならんかったけどその作者がリリー・フランキーと知って一気に興味がわいた。
 こんな理由でおでんくんと出会って、すぐに学生さんからお土産をもらったからタイミングのよさに感動してしまった。
 おでんくんのストラップには東京タワーがついていた。たぶんリリー・フランキーつながりで東京タワーがついてるんやと思う。タイムリーなお土産で本当に嬉しかった。

 WBC 5890  Hb 11.0  PLT 8.8万  CRP (−)  体温 36.9℃

2006年8月22日(火)
DAY 132  読書

 今日は一日中、本を読んでいた。
 今はまっている本は白夜行。本のカバーは水をこぼして湿らしたりクシャクシャにして読んだせいもあってかなり年季が入ったカンジに仕上がっている。大事に読んでるつもりやのにな〜たぶん読み方が汚いんやと思う。
 肝心の内容のほうは今日一気に読み進めたから明日には全部読み終えそう。

 病院に入院して本を読む習慣がついたことは大きな財産。そのことが嬉しくてこの前の外泊の帰り際に文庫本を2冊も買ってきたくらい(^^)

 さいきんこの病棟では退院ラッシュが続いている。今日も、明日退院予定の患者さんといっしょに話をしていると、以前ごんぞうさんと3人で話をした女の子も今週末には退院するという知らせが入ってきた。
 同じぐらいの経過の患者さんの退院話があがっているから、いよいよ自分にも声がかかるかもしれない!
 でも、まだ点滴をしているから退院は9月の頭くらいかな〜とふんでいる。
 ここまでやってきてんから、焦らーずじっくーり待ってドシッと構えておこうと思う。

 採血なし  体温 37.2℃

2006年8月21日(月)
DAY 131  

 今日はリハビリ運動をしなかった。
 いつも昼の2時に入っていたお風呂も午前中にすませて、急いでお昼ごはんを食べて準備万端。
 今日は完全に高校野球観戦モードだった。

 まず早実の先発をみて驚き、斉藤君はこの夏いったい何球投げれるのか圧倒された。
 早実が終始リードをしていたけど9回のさいごまでどっちが勝つかわからない、いい試合やった。
 誰が見ても文句なしの球史に残る死闘やったしこれからの野球界を背負っていく2人のエースが現れた凄い大会やった。
 今年も夏が終わってしまったな〜

 DちゃんとUNOをしたりクレヨンしんちゃんのDVDをいっしょに見て、高校野球がおわった寂しさを紛らわしていた。

 WBC 5340  Hb 10.6  PLT 8.6万  CRP (−)  体温 36.8℃

2006年8月20日(日)
DAY 130  外泊2

 朝起きるとのどがカラカラになっていた。家の空調がいまいちあわないらしい。ベッドの寝心地も病院のほうで慣れてしまっているから家のベッドが落ち着かない。
 それでも朝昼晩の3度のメシだけは家のほうが数百倍は美味しい。驚くくらい食欲も増える。
 朝はハムエッグとトーストを食べて、昼はオムソバを食べた。家で食べる料理は何が出てきても本当に美味しかった。

 この日はなんといっても高校野球、早実と苫小牧の決勝戦。
 この試合のおかげで本当は早めに帰る予定やったのに病院になかなか帰れなかった(^^;
 試合展開が白熱、斉藤君と田中君の行き詰る投手戦になって目が離せなくなった。しかも延長戦になっても点が入る気配がない。この両チームの凄い闘いに決着をつけるのはもったいない、たしかにそうは思ってたけど、どんどん帰るタイミングがなくなってきて試合は延長戦に。
 とうとう延長15回引き分けの最後の瞬間まで見届けて家を出た。

 帰りもバスとモノレールを使って自力で病院にまで帰った。途中で本屋とかに寄り道しながら楽しんで帰った。

 それにしても高校野球の決勝戦が2試合も見れるなんて今年はお世辞抜きでおもしろい大会。
 しかもホームランの記録を塗りかえる大会になったのに最後まで大会を盛り上げている2人が投手っていうから、なお更におもしろい!
 高校野球を見ているかぎり野球人気は全然色あせてない。
 試合を実況していた伊藤アナの言葉が印象的。
 甲子園の神様がまだこの夏をおわらすのには早いとためらった今日の試合、明日どんな決着がつくのか本当に目が離せない。

 採血なし  体温 36.8℃

 

2006年8月19日(土)
DAY 129  外泊2

 この日の天気は温帯低気圧にかわった台風の影響もあってくもりときどき大雨という予報で見事に当たった。
 2回目の外泊ということもあって今回は電車とバスを使って帰ろうとしていただけに朝から雨だけが心配だった。

 昼ごはんを食べながらいつものように高校野球を見ていると天気予報どおりに甲子園がどしゃぶりの雨におそわれていた。
 ここからそんなに遠くない甲子園があんな状況やったからこりゃぁ早く帰らないと雨に打たれてしまうぞと思って予定よりも早く病院を出ることにした。
 急いで帰る用意をして意気込んで病院から一歩出るとタイミングをはかったかのように大雨が降り始めた。
 半年振りに浴びる雨はそれほど嫌じゃなかったけど看護師さんの言いつけを思い出して屋根のあるところを沿うように気を遣ってモノレールの駅に向かった。
 駅についてからは土曜日の昼過ぎということもあってモノレールもバスもわりと空いていて人ごみを心配することなく家にまで無事に辿り着くことができた。電車バスを使って一人で家まで帰ることができて’はじめてのおつかい’をやり遂げたような達成感があった(^^)

 夜ごはんは今回もいとこの家でお世話になっておなかいっぱいにご馳走になった。

 高校野球はこの日準決勝がおわって、大会前から注目されていた投手斉藤君を要する早稲田実業とV3のかかったこちらも注目投手の田中君率いる駒大苫小牧が顔を合わせることになった。
 両校ともエースの出来で試合が決まるといったチーム、大会が始まってからの調子をみると安定感で勝る斉藤君のほうが有利、勝ちたいという執念では苫小牧が上か。
 次の日の試合が楽しみで仕方なかった。

2006年8月18日(金)
DAY 128

 今日も朝から読書。
 高校野球の中継を横目で見ながらも読み進めて今日も100ページ読んだ。まだ2合目ぐらい〜話がだんだんおもしろくなってきた。
 野球もいい試合ばっかりで早実がどんどん勝ち進んでついにベスト4にまでやってきた。希望では早実と苫小牧の決勝戦が見てみたい。

 今日の採血結果で肝機能の値が落ち着いてきていたから今度の外泊を2泊してきてもいいってことに。
 でも遠慮して土日で1泊だけの予定にしておいた。

 読書も運動も満足にできて久しぶりに充実していた一日やった。

 WBC 6770  Hb 10.9  PLT 7.8万  CRP (−)  体温 36.8℃

2006年8月17日(木)
DAY 127  

 今日は読書に励んだ。
 今読んでいるのは看護婦さんに借りている「百夜行」。今年の始めくらいにドラマ化されていた作品らしいけど全然知らなかった。
 励んだといっても900ページくらいある中の100ページほどやけど(^^; なんとか退院までに読みきらねば!

 お昼からは隣のDちゃんとUNOをして遊んだ。
 DちゃんはUNOが本当に好きみたいでヒマがあれば毎日お母さんや看護婦さんとUNOをしている。さらにはUNOジェンガというUNOとジェンガが合体したおもちゃまでもっている。日本代表の大黒もビックリのこの病室のUNO広報委員や。
 ちなみにDちゃんの実力はそんなに強くはない。そこがまたDちゃんらしいところ。
 夜にはニンテンドーDSの通信対戦を延々と付きあわされて仲良くゲームをした。

 先生から今週末も外泊OKのサインが出た。また美味しいものを食べるぞ!


 採血なし  体温 36.8℃
 頻尿

2006年8月16日(水)
DAY 126  リハビリ

 今日はリハビリ運動をよくがんばった。
 朝の検温が終わってすぐにバイクマシンをこぎこぎ!
 その後にホスピタルパークの外回りに挑戦!てくてく!
 昼食後にお風呂でヒンズースクワットを50回、エイエイッ!
 またバイクマシンをこぎこぎ!
 夕食後、長ーい廊下を5往復、てくてく!
 消灯後、ベッドの横で時計に向かってシャドーボクシングを3分間、シュシュッシュ!←これが一番しんどかった(> < )
 さらに腕立てを10回×3セット、フンフン!
 と、一日限りでやめてしまいそうなリハビリ運動ばっかりを徹底的にこなした。

 おかげで今夜はよく眠れそう〜

 WBC 6690  Hb 11.0  PLT 8.5万  CRP (−)  体温 36.8℃
 頻尿

2006年8月15日(火)
DAY 125  

 やっぱり朝の目覚めは病院のベッドのほうがいい。
 朝の採血ですっかり起きてしっかり朝ごはんも食べた。外泊の影響か食欲が増えている気がする。

 午前中はきのうお土産で姉からもらったニンテンドーDSのお料理ナビというゲームでバーチャルで料理を作った気になって遊んでいた。
 でも実際に料理ができないから楽しさも半分やった。

 お昼に下の売店に行くと、本棚のコーナーでひと際輝いていた本が目に飛び込んできた。スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんの本、ついつい手に取って購入してしまった。
 実は大部屋でさいきん話題に出てくるのが、数子(細木さん)と江原さんの話。みんな救いを求めてるし癒されたがってるねんな〜

 夕食後に外もすっかり暗くなって涼しそうだったので病院の敷地内にあるホスピタルパークという公園に散歩に行くことにした。これは初の試み!
 ホスピタルパークとは病院の建物の外にある公園で患者さんが散歩できるようにコースまで用意されているリハビリにもってこいの場所。ふだん歩いている患者さんは糖尿病の人や外科入院している人たちが多い。今までは病院の中から出ることができなかったけど外泊ができるようになったおかげでホスピタルパークにもやっと行けるようになったというわけ。
 内回りと外回りのコースがあって初めて歩くから無理せず内回りをのんびりと周った。それでも廊下とは違っていろんな段差や階段があってなかなかの運動になった。

 WBC 8550  Hb 10.8  PLT 8.3万  CRP (−)  体温 37.0℃
 頻尿

2006年8月14日(月)
DAY 124  外泊帰り。

 目が覚めると懐かしい家の景色。家に帰ってきているんだと再確認。
 朝は寝過ごさずにちゃんと7時半に起きて時間通りに薬を飲むことができた。
 外泊で心配していたことの一つで朝起きれるかちょっと不安やった。

 朝ごはんはおじや、昼ごはんは冷やしそうめん&うどん、晩ごはんは鶏のから揚げとまたまたいとこの家にごちそうになった。
 そのなかでも鶏のから揚げがニンニクの下味がよくきいててとびきりおいしくっておいしくって、ほんと病室のみんなの分も持って帰りたくなるくらいにおいしかった。

 外泊はあっというまに終わって、消灯時間までに病院に戻った。
 初めての外泊の感想は、ご飯がとてもおいしかった。暑さはなんとか乗り切れる範囲内やった。

 病室に帰ってくると新しいルームメイトの小学6年生の男の子のDちゃんが入ってた。
 Dちゃんも移植後でまだ3週間も経っていないくらいなのに元気に廊下を歩いている。子供って回復するのが早いな〜

 採血なし  体温 36.8℃
 頻尿

2006年8月13日(日)
DAY 123  試験外泊。

 いよいよ移植後初の外泊!とりあえずの1泊2日の初めての試験外泊やからわりと慎重な外泊。
 昼にいとこが車で迎えに来てくれることになっていたから朝からワクワクしながら荷物の整理をしていた。

 昼ごはんを食べてすぐにお迎えがやってきた。
 大量の荷物と共に1階まで下りると、これまで院内フリーになってもずっとそこから出れなったエントランスが立ちはだかった。
 一見ただの自動ドア。いやほんとにただの自動ドア。
 でもここから先にずっと行けなくて通せんぼになっていた境界線。

 なんなく通過!
 外に出るとすぐにムアーっとした空気に包まれて着ていた服が一気に生暖かくなった。
 やっぱり外は暑いね。でも半年振りに外の風に当たることができて嬉しかった。
 それから一気に家までドライブ〜

 久しぶりの自宅は団地なのに古い家の臭いがして狭く感じた。
 夜はいとこの家にお邪魔になって焼肉をごちそうになった(^^) 本当に久しぶりに美味しいお肉が食べれて感動してしまった。

 やっぱり外泊するとすこし熱が上がるみたいでずっと微熱のカンジがした。
 それと、病院のほうが寝慣れているから半年振りの家のベッドはなかなか眠れなかった。

 採血なし  体温 37.2℃
 微熱

2006年8月12日(土)
DAY 122  ごんちゃん
 今日はスペシャルなお客さんが面会にやってきた!

 今日も体調良好、食欲なかなか。あの人を迎えるには絶好のコンディションやった。
 朝からパソコンに向かってメールのやり取りをしてこの病院までの交通手段などを確認して連絡をとりあっていた。
 今日面会に来ると決まったのはきのうの晩のこと。本当に来てくれるのか不安だった。
 
 そして、甲子園の今日の注目カードの早実−桐蔭戦が始まる頃に彼はやってきた。

 掲示板の
カキコミスト のごんちゃんこと ごんぞうさん がやってきた!!

 初めて会った瞬間はお互いに丁寧に「はじめまして〜」とペコリ(_ _ *)ドウモデス
 ネットで知り合った人に実際に会うなんて初めてやったから感動と緊張!
 でもその相手がごんぞうさんやったからそんな不安もすぐに吹き飛んだ(^^)
 ごんぞうさんがどんな人だったか詳しいことは自分だけのヒミツするけど、
 いつものカキコミやメールの印象とほとんどいっしょの気さくで楽しくてよく喋る人やった。ごんぞうさんはそのまんま!

 面談室でずっといろんな話をした。病気のことや退院後の生活の話やさい帯血についてなど、患者同士だからこそ分かり合う話がたくさんできた。
 時間も遅くなってきてごんぞうさんもそろそろ帰るということになったから、最後に最上階の展望室だけは見せたかったから上まで景色を見に連れていった。
 すると、そこに同じさい帯血移植をしてクリーン病棟に入院している女の子が偶然いたからせっかくなのでごんぞうさんに紹介をしたら、そこからまたさい帯血移植患者同士の雑談会が始まった。
 実際に退院して元気になっているごんぞうさんの姿はまだ入院している二人にとって本当に輝いて見えた。
 しっかりあとに続いて元気にならないと!

 そして、また会いに来てくれると約束してごんぞうさんは帰っていった。去っていく後ろ姿も輝いて見えた。
 ごんぞうさん、今日はわざわざ遠いところを面会に来てくれて、しかもいろんな話を聞かせてくれて本当にありがとうございました。
 
 ずっとカキコミで応援してくれていた人、ネット上だけの関係じゃないことが今日会ってみてわかった。同じ病気と闘っている仲間なんだな〜って実感できた。
 お互いそう感じれたことがすごくいい体験やったし、いい出会いやった。

 病室に戻ってふとテレビをつけると早実が圧倒的大差で桐蔭に勝っていた。
 やっぱり野球は投手力やな〜。それにしても斉藤君のピッチングはスゴイ!

 採血なし  体温 37.0℃
 頻尿

2006年8月11日(金)
DAY 121  

 今日も朝から廊下歩行、元気に5往復をこなした。
 昼もバイクマシンで自転車こぎこぎトレーニング。
 食欲もだいぶ増えて病院食だけでは足りなくなってきた。
 これもみんな全部あさっての外泊の楽しみからくるエネルギー、今からすごく待ち遠しくなっている。

 家族とも連絡をとってだいたい帰る日の段取りはついたから、あとは外泊の日がくるのを待つだけ。 楽しみ楽しみ(^ ^)


 WBC 6830  Hb 11.7  PLT 8.2万  CRP (−)  体温 36.6℃
 頻尿

2006年8月10日(木)
DAY 120  

 先月にした胃カメラ、そのときにとった生検の詳しい検査結果が今日になって出て、サイトメガロ胃炎と診断された。
 ほとんど症状もなくなった今ごろに言われてもなぁという感じ。あの時はステロイドの量を増やすことで症状が和らいだからてっきりGVによる胃炎やと思ってたらサイトメガロの仕業やったらしい。
 とくに今は症状も出ていないから緊急性はないみたいで一日一回デノシンという薬を点滴するだけでいいらしい。肝機能が上がっているのもこのせいかもしれないとのこと。
 気になる外泊は行って大丈夫とのこと、今のところ今度の日・月曜と帰る予定に揺るぎはないで〜 何が何でも帰ったる〜

 今日は駒大苫小牧の試合、エースの田中君が制球に苦しんで危なっかしいピッチングやったけど14奪三振で順当に勝ち上がっていた。
 どのチームが王者を破るか、それとも3連覇してしまうか。楽しみ楽しみ。

 採血なし  体温 36.8℃
 頻尿

2006年8月9日(水)
DAY 119  

 午前中は起きれなかった。
 体調はすこぶる良かったのに朝の検温がおわった頃からウトウトしだして目が覚めたら昼ごはんがもうきていた。
 これはだらしない生活スタイルやと危機感をもって午後からはリハビリ運動に専念した。

 ここさいきん悪い症状などが出ていなかったけど肝機能の数値が上がっているらしく、強力ネオミノファーゲンという大そうな名前の薬を始めることになった。通称『強ミノ』と呼ばれていて肝機能の数値を下げる一般薬らしい。名前だけ聞いたら迫力十分。
 薬の名前に圧倒されて外泊ができるか心配になったけど、先生いわく何の問題ないらしく今度こそ無事に家に帰れるよと言ってもらえた。

 暑い暑い夏の世界ともうすぐご対面〜

 WBC 6110  Hb 11.3  PLT 8.2万  CRP (−)  体温 37.1℃
 頻尿

2006年8月8日(火)
DAY 118  タイフーン

 台風が3つも近づいているんやってね。
 3つが合体して巨大台風になったらどうしよう!とかのん気に言ってたら、そのうちの一つがやってきて花火大会が中止になってしまった。
 この病室の窓からベストポジションで見れるはずの花火大会やったのに。。。ほんとにザンネン。

 今年の甲子園にも出ている日本最南端の高校八重山商工の今日の試合はすごかったなぁ〜。。。いとこの応援っぷりが。
 外泊のさいにお世話になる予定なのでそのこともあって電話をしたら、電話越しに八重高の応援をしている絶叫がきこえてきた。やっぱり島出身なので同じ島じゃないけど応援が熱い(奄美大島出身)
 試合はさいしょの方しか見ていなかったけど九回二死からの同点劇で延長戦で勝ってすごい試合をやってのけたらしい。いい試合を見逃したから次の2回戦こそしっかり応援しないと。


 採血なし  体温 37.1℃
 頻尿

2006年8月7日(月)
DAY 117  マルク

 今日は月に一回のマルクの日。
 何度やっても変わらない緊張感、しかも研修医のR先生が抜く。R先生のことは好きやけどマルクをするとなったら別、だから不安を抱えて処置の時間まで待っていた。

 R先生のマルクはなかなか上手かった!
 最初、刺し込み具合が浅くて何回か押しなおしたけど麻酔がしっかり効いてて痛みはほとんどなし。刺し替えいらずの一発で終わらしてくれた。
 後になって話しに聞いたところマルクしたのはやっつぁんが初めてやったらしい。最初からあれだけできれば上出来上出来!

 無事おわってマルクの結果は以降ということで、午後からは安静にぐうたらベッドに横になって一日を過ごした。

 WBC 6740  Hb 11.0  PLT 7.8万  CRP (−)  体温 37.1℃
 頻尿

2006年8月6日(日)
DAY 116  夏本番

 夏の甲子園が開幕!
 外は本当に暑そうな天気で絶好の高校野球日和。
 今日は朝からずっとテレビにかじりついて中継を見ていた。
 大阪桐蔭の中田君やっぱりすげぇ!


 1Fの売店に行く時にいつも思うことがある。
 売店に買い物に行くと必ずといっていいほどトイレに行きたくなる。なぜかいつも我慢できなくなるくらいに行きたくなる、トイレじゃないのに。
 看護師さんにこの話を言うと 「それって『本屋さんでトイレに行きたくなるシンドローム』といっしょじゃないの」と言われた。なんやそりゃ?と最初は思ったけど、たしかにTHUTAYAとかでビデオを探してるときにトイレに行きたくなることがよくある!話によると本屋さんで探し物をすると体がソワソワしてきてトイレに行きたくなってしまうという症状はきちんとした形で研究されているとのこと。それ以上詳しくはわからなかったけどものすご〜〜く納得した。
 結局やっつぁんの売店に行った時にトイレに行きたくなるっていう話は、事前にトイレに行きましょうということで解決された。

 夜に病院のちかくに上がった花火をみんなで眺めてますます夏気分になって一日がおわった。
 明日は月に一回のマルク〜

 採血なし  体温 37.1℃
 頻尿

2006年8月5日(土)
DAY 115  ホンモノ

 気がつけば巨人が最下位になってた。ひそかに期待してたアリアスもあっさり2軍に落ちたし、なんで勝てないんかな〜

 体調は今日もよし、外泊の予定がある程度決まって看護師さんのリハビリ運動をさせようというプレッシャーが強くなってきた。
 午前中からのんびりベッドでうたた寝をしていたら、「昼間から寝てないでちゃんと起きて生活リズムをつけていってよ」とすぐに起こされて運動をさせられる。しんどい気持ちの反面、とてもありがたい。
 さいきん朝起きることが苦手になってよく午前中に昼寝をしてしまうことが増えてきている。でもぐうたら寝ているよりもしっかり起きて体を動かしていたほうが調子がいい。ずっと寝ていたら首を寝違えたり体がすごく鈍る。体が嫌がっていても最低限の運動は必要。 だから看護師さんの天使のような言葉のおかげで今日も調子よく保たれている。ほんと助かっています。

 スポーツ!
 亀田の試合から3日が経ってホンモノの試合を見ることができた。

 晩にテレビで中継をしていたHERO’Sという総合格闘技のトーナメントでの試合、急遽参戦した桜庭がその日のメインイベントで魅せてくれた。
 圧倒的大声援に迎えられた桜庭は、試合前半にいきなり相手のパンチをモロにもらってダウン、あっというまにKO寸前にまで追い込まれてあらら〜と見ていたらレフェリーがなぜか試合を止めない止めない。
 フラフラになって完全に劣勢な展開で負けると思ったのに、1R終盤になって急に桜庭がまさかの大逆襲。相手を張り倒してさいごに腕をとって勝ってしまった。
 さぶイボが立った。

 あの状況からどこからあんなチカラが湧いてくるのか、もの凄い執念を感じた。判定じゃなくまぎれもない勝利に病室のみんなも亀田ショックの時とは違って絶賛していた。

 明日から待ちに待った夏の高校野球が始まる!!今年も甲子園にのめりこむ〜!

 CRP (−)  体温 37.0℃
 頻尿

2006年8月4日(金)
DAY 114  

 点滴がはずれて自由になった。晴れて自由人(^^)
 体調もよくていい調子、とくに気になることといえば体重が入院以来一番落ちているということぐらい。半年で8kgも減ってもともと線も細かったから今ではアイドル並みの軽さになっている。

 朝夕の2回バイクマシンをこなして病棟から出て散歩にも行ってご飯も3食ともしっかり食べて順調な一日やった。

 WBC 7860  Hb 11.5  PLT 8.7万  CRP (−)  体温 37.1℃
 頻尿

2006年8月3日(木)
DAY 113  
 一夜明けて、きのうの試合に対しての批難がすごかった。
 どうなるんかなぁ。

 今日は言ってみて良かったことがあった。
 というのは、ごはんも食べれるようになって運動も再開して調子も上がってきていたから先生に「この高カロリーの点滴はいつ頃はずせそうですか」と聞いてみたら
 「あっもうご飯食べれるようになったんだね、じゃあ今晩までにしようか」 とあっさり点滴から解放されることに!
 さらに 「ついでに明日から院内フリーにしちゃおうか」 と病棟から再脱出も決定。
 ここぞとばかりに外泊の話もしてみたら「お盆には帰ってもいいよ」とのGoサイン! 先生の今までの慎重な姿勢からうって変わって一気に外泊話にまでもっていけた(^^)
 ほんとお願いごとは思い切って言ってみるものやと思った。

 夜にココリコの「いきなり黄金伝説」の番組を見ていたら、お笑い芸人のロバートが『牛角の全メニューを食べきる』という挑戦をしていた。久しぶりに店の商品や食器を見て懐かしくなったし素直に食べたくなった。
 早く外に出て美味しいものが食べたいな〜〜


 採血なし  体温 37.2℃
 頻尿

 
2006年8月2日(水)
DAY 112  今日で一年

 今日で入院してから一年が経つ。市民病院に入院したのはちょうど一年前の今日のこと。時間の経過って振り返ってみると早いな〜

 調子がいい方向にむかってきて今日も上向き。
 食事はきのうよりもより多く食べて、リハビリ運動は歩行からバイクマシンへと、、、きのうよりも今日!という感じで元気に過ごした。

 ちょうど姉が面会に来てくれてひょっとしてと思って聞いてみたけど入院してから一年ということを全く覚えてなかった。でも、どれくらい入院していたかということよりもいつ退院するかという知らせを伝えることの方が大事やね。
 姉がちょうど入れ替わりで以前この病院に入院していて仲良くなったおじさんが会いに来てくれていっぱい話した。


 今日は本当なら亀田一色に染まるはずやったけどそうはならんかった。あの判定では誰も納得できへん。
 多くの人が腑に落ちていないと思う。ボクシングをあまり知らない多くの人達が注目し応援していただけに、あの判定はあかん。WBCのデービットソン以来のジャッジやった。
 
 でもこれからも亀田の試合は応援していくで。すっきり勝ってこそ亀田。



 WBC  Hb  PLT  CRP  体温 37.3℃
 頻尿、寝違い

2006年8月1日(火)
DAY 111  復調

 8月になって体調も復調ぎみ。
 落ち込んでいた調子もまた少しずつ良くなってきて、まず食欲がもどってきた。昼と夜ごはんは完食!食欲がもどってきたら気分的にも大きく変わってくる(^^)

 寝てばっかりの生活がずっと続いてたから完全に体が鈍りきってしまったから、まず廊下の歩行からリハビリを再スタートした。とりあえず今日はなんとか朝と夕方の2回をしっかりこなした。

 もうひとつ、同じ部屋の患者さんから言われるようになったことがある。
 「肌がキレイになってきたねぇ〜」とよく言われる。移植の前処置のおかげで全身まっ黒になってしまった肌がだんだん皮がむけてきて、最近では子供みたいなキレイな肌が顔を出してきている。二の腕なんかが特にキレイ!
 今の肌の状態は上半身はすっかりキレイになってきて、腰から下はまだ黒い斑点に覆われた(キリン模様みたいな)感じになっていて、それが少しずつはがれてきてキレイになってきている途中。目指せ湯上りたまご肌!!桃井かおりのように〜

 
 採血なし  体温 37.0℃ 
 頻尿




 過去の日記

2005年

 10月

 11月
 12月
2006年
 1月
 2月
 3月
 4月

 5月

 6月
 7月
 8月
inserted by FC2 system