やっつぁん だいありー

Since 06.09.25

ここはやっつぁんの退院後の気ままな日記です。

<<前のページ | 次のページ>>
2006年12月31日(日)
DAY 263  今年もおつかれさまでした!

 今年も最後の日がやってきた。
 大晦日といえば子供の頃から真っ先に思い浮かぶのがドラえもん!テレビ欄で見てみると今日のドラえもんは生放送らしい!アニメの生放送っていったい??
 「もーいーくつ寝るとー。。。」っていうお正月の歌はやっぱり今日までしか歌えないとても賞味期限の短い歌なんかな。

 今年一年はあっというまに過ぎていったけど本当に内容の濃い一年やった。
 転院から始まって移植、もう一回移植して3ヶ月間の無菌室生活、その後も長〜い準クリーン生活。そして退院。
 治療漬けの一年やったけどスポーツが充実した一年でもあったから全然飽きることがなかった(^^)イナバウワー、WBC、ボブ・デービットソン、サッカーW杯、中田ヒデ引退、ジダン頭突き、亀田チャンピオン、甲子園決勝再試合、ハンカチ王子、新庄劇場、シンジラレナーイ!!本当にスポーツの当たり年で満足な一年やった。

 やっぱり大変なことが多かったけど、命をもらうなんて一生のうちでも経験するかしないかのことを体験してしまった。たぶん去年も同じようなことを言って書いたと思うけど、人の優しさにいっぱい触れることができたし厳しさにも触れることができた勉強になった一年やったな〜

 今年もさいごの日は家族といっしょに過ごしてゆっくり年を迎える予定。
 それではみなさん、よいお年を〜!

 体温 36.4℃
 左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ

 

2006年12月25日(月)
DAY 257  クリスマス外来

 今日は今年最後になる血液内科の外来日!しかもクリスマス!
 歳末&月曜日ということもあって病院は混みに混んでいた。
 予定通りの時間に病院には着いていたんやけど採血をする臨床検査部が人!人!ヒトの嵐!それで採血をとるだけで1時間半ちかく時間がかかって、自分の診察の順番がきているのに採血のデータが出るのに1時間待ちを喰らうはめになった。

 でも、待つのは得意中の得意なので手ごろなイスを見つけてひたすら本を読んで待つことに。
 ひと段落して、それでもまだまだ時間があったので入院していた病棟に顔を出しに行って担当の看護師さんにクリスマスプレゼントを届けにいった。用意していたプレゼントがちっちゃいサンタの帽子がついた可愛らしいカチューシャだったので喜んでくれるか不安やったけど意外にもこれが大ウケ!プレゼントしたこっちまで幸せな気持ちになるくらい喜んでくれて本当に嬉しかった♪

 今日の診察は前回とったマルクの結果も出ていて、移植後8ヶ月マルクも良好!99.8%が女の子の遺伝子で男血は0%!問題なし!
 採血結果も特に問題なく、風邪の症状もなくなってようやく乗り越えた様子、CRPも久しぶりに陰性になっていた。
 先生にも年末年始は家でゆっくり過ごすようにと「寝正月」宣告を受けたのでお正月は大人しく過ごすことが決定した。
 次の外来は 年明けの 1月9日(火) になった。
 年末さいごの外来診察も問題がなく済むことができて本当によかったよかった!と気分良くして帰宅しましたとさ。

 M−1でチュートリアルが優勝して本当に嬉しかったです。

 WBC 6100  Hb 12.8  PLT 15.0万  CRP (−)  体温 36.7℃
 左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ

2006年12月20日(水)
DAY 252  眼科外来

 今日は月1回の眼科外来。
 予約時間に検査と診察を受ける、ようやく左目の視力の下げ止まりまで落ち着いたみたいで先生も一安心。
 いつものように「急に悪くなったらいつでもやってきてね」と一言かけてもらって特に薬もなく診察のみで帰った。
 目は体の大事な一部やから定期健診にくるのは大切なこととはわかっているけど、ノロウィルスが流行っているこの時期に病院に頻繁にやってくるのはちょっと気がかり。
 へんなウィルスをもらわないようにそそくさと帰っていった。 

 今日一日は芸能界でいろんな方の訃報が流れた。
 本当なら亀田興毅の防衛戦のことを書きたかったんやけど。。。

 岸田今日子さん、青島幸男さん、そしてカンニングの中島さん
 ムーミンの岸田さん、最近テレビで拝見していないなぁと思っていたらお昼のニュースで突然の知らせ。
 夕方のニュースでは元都知事の青島さんが、青島さんも骨髄異形成症候群を患っていたらしい。

 そして、カンニングの中島さん。
 つい先日、相方の竹山さんが来年の春には復帰できるだろうと発表していたのを目にしたばかりなのに。。。
 今まで全くといっていいほど治療の経過情報がなかったから先日の快方に向かっているという知らせを素直に喜んでいました。
 今年の5月には同じさい帯血移植をうけていて夏には退院して順調にいっていたんですね。
 本当に残念で悔しくて、言葉が出てきません。
 一人で仕事を頑張っていた竹山さんが、もらっていたギャラを治療費にあてるためにずっとコンビで折半していたことや、相方の中島さんが復帰するまでは結婚をしないと関係者に宣言していたということをきいて、悲しくって悲しくって、すごいいいコンビ愛を見ることができたな〜と。
 本当にご冥福をお祈りします。


 風邪はやっと治りました。

 体温 36.3℃
 風邪の症状、左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ

2006年12月14日(木)
DAY 246  外来マルク

 今日は血液内科の受診に加えてマルクの日。
 とくに取り決めはしてなかったけど自然と2ヶ月に1回に定着しつつある。先生も年内に1回しておいたほうがいいねというぐらいの大体の間隔で予定を入れてるみたい。

 予約時間は9時半だったので時間にきちんと間に合うように家を出たんやけど。。。思わぬ事態に。
 やっつぁんの家は府営住宅でいわゆる団地(十数階建て)、大体真ん中らへんの階に住んでいます。
 最近買ったばかりのまだ履きなれていない靴を履いて出かけたため、しっかりうまく履ききれてなかったので玄関すぐそばの階段で靴ヒモを結びなおしていたところ!
 手に握りしめていた家の鍵を階段途中で落としてしまい、階段の鉄格子部分のわずかな隙間をうまーくすり抜けて下の階へと落下!カシャーン!カシャーン!カシャーン!更に階下へ落ち続ける連続音!
 マジ!!(* □ * ; )
 マンションや団地の造りはそれぞれなので言葉ではとっても説明しにくいけど、自分の家の下の階を各階一階ずつまわって鍵の捜索をするはめに。
 1階までくまなく探してみたけどない。また上の階へと行ったり来たりして探してみてもない。
 ない、ない、ない、ない、ない。下に落ちてっただけなのにない。
 それでも根気よく探す!ない、ない、ない、ない、、、、   あった!!((T ▽ T )))
 途中の階で鉄格子にひっかけていた誰かの家の締まり切ってない傘の中にスッポリ入ってたみたいで、結局それを見つけ出すのに30分近くかかってしまった。
 それからいつも以上の早歩きでバス停まで駆けていったけどバスが見えている位置で発進していくのを見届けて遅刻が決定的になったので、久しぶりにタクシーで通院することにした。
 (通院時間 バス&モノレール=1時間  タクシー=15分) 本当に近くて遠い病院www


 タクシー通院のおかげで逆に余裕たっぷりの時間に病院に着いた。
 内科の受付に行くとすぐに処置室に通されて先生のほうが先に来ていて、来てホントすぐにマルクが始まった。
 外来マルクは前回一度経験があったけど直前になるとやっぱり緊張感におそわれる。

 でも、あっというま!
 先生が凄すぎる。回数を重ねるたびに痛みが少なくなってきているような気がする。
 骨髄がしっかりしてくればしてくるほど骨髄を引くときに痛みが増すってよく聞くのでちょっと不安になるくらい痛みがほとんどなかった。

 マルクはあっという間なんやけど
 診察はそれから3時間後。

 血液のデータは順調そのもの、血小板もしっかり増えてきていて肝機能の数値も問題なし。
 けさも微熱があったのにCRPは0.6まで下がってきていた。
 皮膚症状があまり良くないので新しい軟膏の塗り薬(テラ・コートリル)を出してもらった。
 長引いている風邪に対してはガンマグロブリンの点滴を入れてみるかを打診されたけど、とりあえず別の種類の抗生剤(ミノマイシン)を処方してもらってそれで様子を見てみることにした。
 今日は帰り際に「ノロウィルスには気をつけてね」と言われて診察が終わった。
 通院ついでに今日は久しぶりに病棟に顔を出しに寄って看護婦さんにあいさつにいった。3ヶ月ぐらいではみんな特にかわりはなかったけど元気そうで何よりやった。
 帰りはモノレールとバスを使って1時間以上かけてゆっくり家に帰りました(^ ^)

 WBC 7380  Hb 12.5  PLT 12.3万  CRP 0.6  体温 37.3℃
 風邪の症状、左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ

2006年12月12日(火)
DAY 244  今年の漢字

 は、『 命 』 に決まったみたい。
 毎年12の並ぶこの日に、その年の世相を一字で表した漢字が京都の清水寺で発表される。
 去年の漢字はなんやったけなぁ〜と去年の日記を読み返してみると「愛」
 あれぇ〜そうやったけな〜と去年のことすらど忘れしてて脳の衰えを漢字ながら選考理由を見て納得した、愛・地球博やスポーツ界のアイちゃんフィーバーがあったから。


 今年のこの『 命 』という漢字、世間の人もそうだけれど移植をしたやっつぁんにとっても意味のある一字が選ばれて嬉しかった。
 選考理由は
 よかったことに 秋篠宮妃紀子さまが悠仁さまを出産されたこと
 悪かったことに いじめによる子どもの自殺が社会問題化、飲酒運転による死亡事故が相次ぐなど、生まれた命、絶たれた命、奪われた命、そして、命の不安への膨らみが理由 やねんて。
 圧倒的によくない意味での内容が大半を占めているので、来年こそは去年みたいにいい意味で選ばれて欲しい。
 ちなみに2,3位は「悠」「生」となっていて、「命」のいいところと悪いところがそれぞれランクインした形になってた。「命」=「悠」+「生」 (゜ ∀ ゜ )コンナカンジ


 風邪による熱が続いています。
 3週間以上こじれにこじれてます。。。
 きのう自分で初めて生姜入りの紅茶を作って飲んで体がとってもあたたまりました。

 さあ!手洗い・うがいにしっかり栄養をとって暖かくして寝ることを心がけましょう!
 自分に言ってますwww(> 〜 < )

 体温 37.6℃
 風邪の症状、左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ
 

2006年12月4日(月)
DAY 236  靴屋が建ち並ぶ。

 今日も週に1回の血液内科外来の日。
 いつのまにか月も替わって師走、一年経つのってどんどん早くなるね〜。
 気のせいか外気が恐ろしいほどの冷たさになっていてバイク通院のやっつぁんの身に容赦なく吹き付ける三(> 〜 < )三
 いつもの道を通って病院に向かっていると、ずっと建設中だった建物がお店らしくなっていることに気付いて目をとられた。もうだいぶお店の外装が出来上がってきているのを見て、どうやら靴屋さんのよう。この土日の間に一気に造りあげたんやなぁ〜と横を通過していった。
 出来上がったら一度見に行ってみようかなと考えながら数十メートル進むと同じ通り沿いに建設中の建物を更に発見!ここも何かお店ができるんや〜と感心して近づいていくと「Outlet of 〜〜」という看板が見えてきた。そして次の瞬間凍りついてしまった。看板には『Outlet of shoes』とはっきり書いてあった。
 ここも靴屋かいっ!!
 何もこんなに接近して同じ時期に靴屋をオープンせんでもいいやろう〜と経営する人の気持ちを考えたらもの凄い悲惨な気持ちになった。朝っぱらから『ローソンの前にローソン』以来の衝撃やった。
 この話を知り合いにしたら靴屋が増えるっていうことは景気があまり良くない証拠やでって言ってた。なんでかっていう理由は忘れたけど。


 かなりの余談から始めちゃったけど、今日の外来は特に何も問題なかった。
 なぜか予約が入っていなかったのと外が寒くなってきただけあって病院がすこし混んでいたせいもあって待ち時間がいつもより長かったということ以外はいつもと一緒やった。
 風邪はまだ治りきっていないけど症状はだいぶ良くなってきていたから、風邪薬は本当は必要なかったけど常備薬として余分にもらうことになった。
 帰り際に「次、今年最後のマルク入れとくね♪」と告げられて帰った。

 次回の通院は14日(木)で2ヶ月ぶりのマルク!

 WBC 7930  Hb 12.7  PLT 11.7万  CRP 1.2  体温 36.6℃
 風邪の症状、左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ



2006年11月27日(月)
DAY 229  雨。。。外来

 今日は週1の血液内科外来の日。
 出かけるときは曇っていただけやった天気は帰りの時にはどしゃぶりの雨になっていた。
 先週に引いた風邪は今もダラダラと続いていて微熱のある日もチラホラある。特に寝ているときと朝方がちょっと辛い。

 今日の診察結果は長引いている風邪についてばかり。
 血液の値はいつもどおり順調で炎症反応が気になるくらい。皮膚の炎症が落ち着いてきているのがちょっといい傾向。
 「CRPがあがっているので来週も来てね」と先生からの週1の招待状をもらって帰った。
 風邪薬にPL顆粒に加えて抗生剤のクラビット錠が増えた。


 郵便物の中に日本赤十字からハガキが届いていてあけて読んでみると、献血のお願いに関する内容やった。
 血液の病気になって入院していてもこういうハガキはくるんやなぁ〜と思い微妙な気持ちになった。
 関西ではいまA型とO型の輸血用血液が不足していると書いてあってもともと冬は献血する人の数自体が減るらしいからこの時季に不足するのは毎年のことらしいけど、それでも医療が成り立っているのは献血してくれる人たちの善意のおかげなんやなと改めて感謝の気持ちがわいてきた。骨髄の提供っていうのはさらにスゴイ気持ちがこもってるんや〜って。もちろんさい帯血を提供してくれるママさん達も(^^)
 ザンネンながら血液疾患&輸血経験&移植経験があるっていう項目で該当するため献血に協力することはできなくなったけど(←当たり前か)、友達や知り合いに勧めることはできるから自分の周りの人だけでも地道にお願いしていこうと思った。

 灯油を買ってきたので家はすっかりあったかくなりました。

 WBC 7720  Hb 12.6  PLT 10.4万  CRP 2.4  体温 36.8℃
 風邪の症状、左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ

 

2006年11月20日(月)
DAY 222  血液内科外来

 鼻水ズルズル。咳ゴホゴホ。
 熱はないんやけどおとついぐらいから風邪を引いたみたい。
 大した症状じゃなかったのでうがい手洗いの強化ぐらいの対策で今日の外来を迎えた。

 とにかく寒い。外は昼間でも寒い。
 加えて家の中も寒い、そろそろ暖房機具を出そうと思っているけどコタツはできるだけ使いたくないから(一人暮らし生活で使うと生活リズムと部屋のキレイさが恐ろしく崩れるから)、石油ファンヒーターの灯油がやってくるのを待ち焦がれている状態。もちろん自分で買いに行かなないねんなぁ〜これが。今年の灯油は高いね〜
 今日はずっと朝から雨が降ったりやんだりの天気だったから通院はバス&モノレールで時間をかけて行った。いつものように予約時間よりも少し前に着いて採血→イスに腰掛けてひたすら読書、左目がほとんど文字が見えなくなってしまったけどなぜか読書意欲だけはどんどん増していく。

 診察は、「鼻水ズルズル咳ゴホゴホです」と先生に言うと
 予想通り「風邪だと思います」と言われて
 退院してから初の風邪が確定してしまった。ずっと風邪知らずでこの冬を乗り切ろうと思っていたのにちょっとザンネン。
 皮膚症状も一向にひいてくる気配がないので 本当におてんばなさい帯血なんだねぇ〜 と先生に感心された。
 あとは血液データを見ても特に問題はないけど、一点だけ、サイトメガロがすこーし出てきているから来週も外来に来てくださいと言われて外来がまた週1回になってしまった。
 帰りに風邪薬をもらって帰って夜は暖かくして寝ました。
 あさって眼科外来予定。

 WBC 8190  Hb 14.0  PLT 10.1万  CRP 0.2  体温 36.6℃
 風邪の症状、左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ


2006年11月15日(水)
DAY 217  外科外来

 今日の外科外来は月曜の分の替わり。
 本当ならおとつい(月曜日)に予約をとってた
のにうっかり通院予約日だということを忘れていて、気付いたのも昨日の晩で、慌てて朝から病院に連絡して予約外で受診に行ってきた。
 先週の血液内科の外来で検査結果を聞いて張り詰めていた緊張感が一気にとけたせいもあったとは言え、外来予約を忘れてしまうなんて恥ずかしくって情けなくって申し訳なくって担当してくれた外科の先生には深々とお詫びを申し上げて診察をしてもらった。
 結果は内科で先に聞いたとおり特に問題は見られないので、念のため経過をよく観察していてくださいという軽い注意だけで診察時間わずか2分 というスピード受診で診察が終わった。

 次の通院予定は、20日(月) 血液内科受診 なので今回の反省を踏まえてこれからは事前にスケジュールの確認を怠らないようにしようと思った。

 体温 36.8℃
 左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ、そけい部のリンパ節のふくらみ

2006年11月14日(火)
DAY 216  ひまつぶし

 パズルをやってみた。


 ああでもないこうでもないと
 ピースと格闘し続けて


  6日間かけて完成!

 パズルを完成させたのはいいけど額を買ってきてないから、おコタのテーブル全面を占領してしまって食事の時は別のテーブルを出している始末。。。
 最近は家事に加えて時間つぶしにピアノを1曲本気で練習したり、HPのさぼってたページを作ったり、漢検DSに挑戦したり、東野圭吾の小説を制覇しようと読みあさったり、夜散歩したりして過ごしている。今年いっぱいはこんなカンジでのんびり過ごしていきそう。
 上のパズルは初心者のやっつぁんには無謀な2000ピースの大作で箱を開けて見てから後悔した。でもちゃんとできたのでOK!OK!

 体温 36.6℃
 左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ、そけい部のリンパ節のふくらみ

2006年11月9日(木)
DAY 211  血液内科受診

 きょうは月曜日は外科処置になったために木曜日に変更になった血液内科外来。
 (先生がハレモノの細胞の検査結果をみて診察したかったから)

 先週の先生の話のおかげで今日はおちついて素直な気持ちで検査結果を聞きにいこう思って家を出ることができた。
 採血をすまして診察までの時間は受付のソファーでウトウト。。。

 さてさて、そして診察時間。
 さいきんの体の調子具合を話しながら診察が始まり、ふと先生がカルテに目をやると検査結果が上がってなくてその場で電話で外科に連絡して聞くことに。
 先生が問い合わしている間よこで静かに待つ。待つ。松。待つ。。。
 なんとも言えないイヤ〜な時間。。。

 すると 「あっ、そうですか。ありがとうございます」と言って先生が電話を切った。なんか返事が軽いカンジ!
 「問題ないみたいです!」と一言!
 検査の結果でも大丈夫とのこと!
 マルク・末梢血・細胞採取検査のどの点からみても悪性の心配はないらしい。
 詳しくは悪性腫瘍の検査でclass2という値だったらしくて1が全く問題なし、2が大丈夫、3がどっちつかず、4・5が悪い細胞と何段階かの測定レベルがあるらしく、まず心配はないらしい。

 ほっと一安心〜ε=(´∀ ` ) 結局、リンパ節が膨らんだのは皮膚炎症状からくるものと考えるのがとりあえずの結論になった。
 診断を聞いてからは急に口数も増えて先生としゃべるしゃべる!本当にわかりやすい態度を先生に披露してしまった。

 帰りはかな〜り調子のいい奴なカンジでのりのりでスーパーで夕飯のおかずを買って帰った。
 今夜は赤飯だ!
 ここ数日間心配かけたみなさんごめんなさい、これからもしつこくしぶとく生き抜いていくのでヨロシクです!!

 WBC 5910  Hb 13.0  PLT 9.4万  CRP (−)  体温 36.7℃
 左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ、そけい部のリンパ節のふくらみ

2006年11月6日(月)
DAY 208  外科外来

 今日はふくらんだリンパ節の細胞採取のために外科での処置外来。
 処置自体は本当に簡単で目当てのリンパ節に注射器でプスッと刺して採取する方法。でも処置をするまでがとても時間がかかってしまった。
 外科は初受診だったのに加えて他科を受けるときに必要な受診票を家に忘れてきたせいで受付の人に手間をかけてしまって順番が最後の最後になった。通院の時は2度と忘れ物はしないように気をつけようと反省した。

 細胞採取は本当に前の説明だけで十分なほどあっさりしていて、ただの注射に回転技を加えたような処置だった。
 注射の針の大きさを見たときはちょっとビビらされて、プスッと刺してグリグリグリ!
 痛い!そりゃあ刺してるから痛かった。
 刺したところにはいつも採血のあとに貼られるバンソウコウがぺたっと貼られて何事もなかったかのようにすぐに処置は終わった。
 検査結果は1週間後に出るからまた外科外来で聞くことになった。

 次の通院は木曜日に血液内科受診 の予定。

 採血なし  体温 36.7℃
 左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ、そけい部のリンパ節のふくらみ

 

2006年11月2日(木)
DAY 204  外来受診

 今日の外来はふくらみが気になって緊急で。
 前日にリンパ節のふくらみの数が増えていることに気付いて、じっとしていられなくなって先生に電話したところ今日の外来が決まった。

 それでも朝は少し寝坊して今日もバイク通院、先生らに知られたら本当はだめやろうな(^^;
 いつものように採血→受付→診察の手順でいざ先生の診察へ。
 不安がたまりにたまっていたからドキドキしながら先生の話を聞いていると、採血(末梢血)の値を見る限りでは疑わしいところはナシ、先週のマルクの結果も遺伝子レベルで99.6%が女血(さい帯血)と出ていて問題ナシ、おとつい撮ったCTで見た感じもリンパ節は少し大きくなっているのがそけい部に何個かはあるが正常範囲内の大きさにとどまっている、血液検査ではウィルスによる腫れではないみたい、と、総合的に判断してみて問題はないと思う。。。とのこと。
 リンパ節が腫れているのは皮膚の炎症が影響してるんじゃないかな〜 と先生はアトピー性皮膚炎でも腫れてくることを丁寧に説明してくれた。急に来たのに先生いつも親身になって診てくれてありがとうね。。。
 それでも原病や受けてきた治療のことを考えると放っておけないので一部細胞を採取して検査に出してみることに決まった。
 ということで、
 月曜日は予定していた血液内科の定期外来は中止して(今日緊急で来たから)外科で針で刺す処置をすることになった。
 とりあえず腫れの原因がシロの可能性が出てきてすこーし安心して帰ることができた(^^)


 先生の話を聞けて安心したこともあって、この日から4日間日曜日まで同室の友達のD君の家へ泊りがけで遊びに行ってきた。

 WBC 7660  Hb 13.5  PLT 9.1万  CRP (−)  体温 36.5℃
 左目の影・白内障症状、皮疹とかゆみ、そけい部のリンパ節のふくらみ

2006年  11・12月

2006




9,10
11.12
2007
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12
2008
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12
2009
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12
2010
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12
HOME  体験記  Diary -現在-  BBS  リンク
inserted by FC2 system