HOME  体験記  Diary -現在-  BBS  リンク


Since 06.09.25


ここはやっつぁんの退院後の気ままな日記です。


2006




9,10
11.12
2007
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12
2008
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12
2009
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12
2010
1,2
3,4
5,6
7,8
9,10
11,12

  2009年  7・ 8月

<<前のページ | 次のページ>>
2009年8月28日(金)
DAY 1234  外来日

 今日も外来です。

 とくにかわりはありません。
 前回もらったかゆみ止めのおかげで、
 すっかりかゆみも落ちつきました。

 でも、眠剤もすこし入ってるから午前中から眠たいです。


 待ち時間も久々に爆睡しました。


 最近、朝晩の気温の変化が出てきたから
 寝冷えしないように気をつけてくださいね!


 今日の薬
 【プレドニン朝晩で6mg、プログラフ1.4mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、ポララミン1錠(朝晩)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 WBC 5990  Hb 14.6  PLT 15.0万  CRP (−)  体温 36.8℃
 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症


2009年8月24日(月)
DAY 1230  決勝戦 

 みんな観てた?

 もちろん家でテレビ観戦!!


 決勝戦すごかったな〜
 「野球は9回2アウトから」とはよく言うけど。。。

 今回は9回2アウト2ストライク2ボールから!!


 あの少しずつ球場全体が、日本文理を後押ししていく雰囲気!!
 スラムダンクの最終回を思い出すような展開。
 多くの人が、逆転劇を期待したはず(^^)

 さいごは、優勝校と準優勝校がどっちかわからへんくらいのあべこべの表情。


 No 高校野球 No サマーLife !! (語呂わりぃwww)



 今大会の一番のお気に入りは、
 大分代表 明峰高校 今宮くん!!

 ピンチでの再リリーフ、あの直球勝負は
 藤川球児以上のボールを投げてたで!!(^^)


 

2009年8月17日(月)
DAY 1223  かゆいかゆい

 なんか全身めっちゃかゆいですwww

 金曜日外来のあとから
 土日にかけてかゆくてかゆくて(T T)


 たまらず予約外で病院へ。

 主治医のいる曜日じゃないので
 初めて診てもらう先生。

 事情を詳しく説明すると、
 薬の減量に伴って症状が出ている可能性が高いけど
 増量の判断は主治医にまかせたほうがいいとのことで

 とりあえず、かゆみ止めのポララミンを出してもらった。
 対処的なものやけど、仕方ありません。

 なんとか薬を飲んで様子を見てます。


 今日の薬
 【プレドニン朝晩で6mg、プログラフ1.4mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、ポララミン1錠(朝晩)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 体温 36.9℃
 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症


2009年8月14日(金)
DAY 1220  外来日

 お盆でも通院日はやってくる。


 やっぱり外の生活に戻ってきて
 肌の調子は横ばいからやや悪くなった様子。

 炎天下の中、完全防備の格好で通院!!


 今日は、血液内科だけだとのんびり病院へ行くと
 3ヶ月に1回のペインクリニックをすっぽかしwww

 すっかり忘れたまま、血液内科へ行くと
 「麻酔科いかれましたか?」
 受付のお姉さんに言われて気がついた!

 麻酔科へ行くと、閑散としていてもう診察をやっている雰囲気じゃない。


 それでも、それまでオペに入っていた先生が戻ってきてくれて
 3時間遅れで診察をしてくれました(ー ー ;
 たいへんもうしわけないです。


 血液内科は、
 入院治療が終わってちょうど一ヶ月。
 薬の効果も一ヶ月間くらいと言っていたけど
 まさにそんな感じ。

 肌の調子もまた下降気味www
 先生が「毎月3日間程度入院して、しばらく続けてみようか」
 と言っていた意味をようやく理解した。

 今回の入院で使ったATG点滴投与、
 リンパ球の生産(?)をおさえるらしく
 血液の分画をよく見てみると、

 7/ 3  7/13   7/15  7/17  7/21  7/31  8/14
好中球  (%) 64.0 79.5 93.0 86.0 71.0 58.0 65.0
リンパ球 (%) 27.0  10.1 1.0 8.0 19.0 26.0 22.0

 治療を始めて数日間リンパ球が下がっているのがわかる!
 な〜るほど〜

 GVHDの原因となっているのがリンパ球やから
 リンパ球の量を減らしてあげてるんか〜

 内科の先生たちはこういうところを見て
 治療の方針を決めているんやと納得。


 だからといって、毎月お泊りに行くみたいに入院は嫌なので
 外来でなんとかやっていきたいと意思表明。

 とりあえず、今日もステロイドを1mg減量して
 一日7 → 6mgへ。
 今週はこんな感じでした。


 今日の薬
 【プレドニン朝晩で6mg、プログラフ1.4mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症

2009年8月11日(火)
DAY 1217  プレイ○○○


 
高校野球の季節がキターーーーーーーーー!!!!
 まさに今日のタイトル通り、球児たちの夏がついに

 プレイボール!!


 ま。。。全然うまいこと言ってないですけどwww


 第1日目から、ハラハラする試合展開。

 名将木内監督率いる常総学院、ここ最近なんで甲子園で勝てないんやろうwww
 毎年しっかり甲子園にはやってくるのに、
 やっぱり大会前のエースの故障は痛かったな〜

 次に、興南の島袋くん!
 センバツの19奪三振から、どこまでやってくれるか期待大の選手!!
 でもリードしていた後半に球速ダウンwww
 最後はサヨナラ負けで、またもや一回戦敗退。
 試合後の「(甲子園での)一勝が遠いです」というコメントは
 やっぱりマウンドに立った人にしか言えんよな。
 まだ2年生、来年がある!!

 さいごに西条高校!!
 エースの秋山くんは注目。。
 何やらこの世代で四国で野球やってたら、秋山くんを知らない人はいないという。
 ここ最近ではすくないエースで4番(゜▽゜) いやそんなことないか。。。
 強豪高からのオファーを断って地元の西条高校へ。
 中学時代は西条シニアに所属。そのチームメイトの何人かが、
 「秋山くんが西条に行くなら俺も西条へ行く!」と、仲間にも信頼された絶対的な存在。。。
 ピッチャーとしての素質もそうやけど、高校通算48本塁打と立派なスラッガー!!
 調子こそイマイチやったけど、散発3安打で完投勝利。
 次は興南の島袋くんを打ち崩した明峰と。
 評判のピッチャーをまた打ち破るか、秋山くんがピシャッと抑えるか
 今から楽しみや〜〜〜!!



 話はガラっと変わりまして。。。


 もうひとつのプレイ。

 「プレイルーム」


 闘病関係のHPに立ち寄っているみなさまの中でも、
 全員がこの院内用語を知っているわけでもないかもしれません。。。

 プレイルームとは、小児病棟にある子どもたちが遊べる場所のことです。
 子どもたちは、一度ここへくるとなかなか帰りたがりません。
 楽しい場所として子どもたちに受け入れられているということは、いいことですよね。
 少しでも子どもがくつろげる、子どもらしい姿であれる場所づくりは大切です。

 でもここへ来ても、いつも病室にもどらなくてはなりません。

 やっぱり病院なんです。

 子どもにとって、親御さんにとって
 
一番理想的な病院は 「家」 なんですよね。


 最近、Topページに貼らせてもらっている
緑のカエルのリンクにはお気づきですか(^^)
 
チャイルド・ケモ
 ここは、小児がんと向き合う子どもとその家族のための
 専門施設の設立のために活動をしているNPO法人です。

 家のような 「夢の病院」 の設立を目指しているんです。

 どんなにキレイで設備の整った病院であっても、
 密閉された病院の雰囲気は、子どもたちが本来の姿でいられる場所ではありません。
 プレイルームだけではなく、病室も、通路も、学校も、
 病院で治療をしていることを感じさせない環境づくりが必要です。

 これを実現させるため、まず施設の建設に向けて活動を行っているそうです。
 ここからは、語弊がないように、すこし引用させてもらいます。


 
「チャイルド・ケモハウス」では、小児がん治療中の子どもと家族のための
 「夢の病院」の設立を目指していますが、「病院」として既存の補助制度を受けようとすると、
 子どもと家族に配慮した施設づくりはさまざまな制約を受けてしまいます。

 そこで、ハウスの建設にかかる費用は全て寄付によってまかない、
 できる限り制約のない環境の中で設計・デザインすることによって、
 子どもと家族にとって、本当に必要な施設の実現を目指したいと考えています。

 〜 〜 〜 〜

 将来的には、ここでの経験をモデルとして、
 同様の施設が全国にいくつか建設されることで、小児がんになったすべての子どもが、
 笑顔で家族と共に治療を進めることができるような環境づくりを目指したいと考えています。



 小児治療を経験した親御さんたちの声から生まれた
 子どもとその家族のための理想の施設です。
 また、いろんな意見をいただきながら、募金活動も行っています。

 一度よければ、リンクから覗きに行ってみてくださいね。


   ご支援・応援は こちら まで




 今日の薬
 【プレドニン朝晩で7mg、プログラフ1.4mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症


2009年7月31日(金)
DAY 1206  退院後外来


 はい。退院してからすぐに外来です。


 今日は皮膚科と血液内科。

 皮膚科の先生には、とりあえず入院治療の報告を。
 「皮膚は全体的にまたすこーし柔らかくなりました。
 ただ、10を硬さMAXとするとまだ3から4ぐらいの状態です。」

 経過報告をしたぐらいで、また一ヵ月後の予約をとりました。


 血液内科の時間までしばらくあったので
 病棟に顔出し。
 お昼時だったので、ほとんど人もおらず。。。
 けど退院前日に仲良くなったおばちゃんを誘って
 デイルームで昼メシ食べながらおしゃべり。


 内科は、特に問題なし。
 タクロリムスの血中濃度も安定しているし、いい感じ。
 まあ皮膚の改善はまだまだやけど贅沢は言ってられません!
 少しずつよくなっているので、経過をていねいに見ていく予定。
 ステロイドも1mg減って、7mgへ。

 やっぱり汗が出るようになるのは、一番最後と言われて
 この時期、お年寄りよりも熱中症の危険性があるから
 しっかり水分・塩分補給をして気をつけてくださいと注意を受けた。



 ところで!

 入院前日に受けた 英検の準2級 (高校英語途中くらいのレベル)

 ひゃーなんとか、受かってました(^^;    面接(23/33点中) 合格点19点

 暑い中、行ってきたのは無駄じゃなかった!!
 ただ、英検で本当に小学校英語に対応できるのかwww


 まあ、次は2級受けて。。。 その次 何、受けよwww
 漢検はいつでもできそうやし、
 習字かペン字でも習おうかな〜



 今日の薬
 【プレドニン朝晩で7mg、プログラフ1.4mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 WBC 6000  Hb 14.1  PLT 14.1万  CRP (−)  体温 36.9℃
 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症



2009年7月20日(月)〜26日(日)
DAY 1195〜1201  入院生活 二週目


 
20日(月)  36.7℃

 順調に回復してきている!
 体調がよくなってくると病院って本当にヒマ。
 そんな中、やっつぁんの担当看護師さん(ドラクエのフォローしてくれた)
 最近犬飼い始めたらしくて
 「うちの子です♪」 とチワワをめっちゃ自慢される。

 写真見せられて

 たしかに、


 カワイイやんかwww しかも男前!!

 やっつぁんの家にはもちろんペットはいないので
 正直うらやましいwww

 家にいるって言えば。。。
 観葉植物のパキラぐらい。
 たまーに話しかけてますwww (話しかけた方が葉っぱが生き生きしてくるって噂)
 2日に一回はLEONみたいに、霧吹きかけて葉っぱをふいてます。
 牛乳も毎朝飲んでいます(笑)

 いつか犬飼ってみたいな〜と思いました。


 21日(火)  36.8℃

 退院が目前になってきている。
 なんたって、病室で一人だけ元気www
 この日の採血で順調なら、ひょっとして明日には退院では!!

 ところが、タクロリムスの値が安定しないwwwと指摘。
 退院後の免疫抑制剤(プログラフ)の服用量を決めたいけど
 2日に1回採っているデータ、血中濃度が安定して検出されないから
 「もう一週間、じっくり見せてね」 と先生に退院延期を告げられました。


 22日(水)  36.7℃

 カ・カ・カ・カ・皆既日食!!
 関西でも曇っててよくわかりませんでした。

 変わったことといえば、夕方にいきなり。

 またまた、
ごんぞうさんがお見舞いに来てくれました(^^)
 いつも突然、神出鬼没(笑)
 夕ご飯をいっしょに食べて、パワーをもらいました。


 23日(木)  36.8℃

 今日も採血で、プログラフは一日2.8mgへ。
 おそらくこの量で退院後も続けそう!

 そして、ドラクエひとまずクリアしちゃいました( T ▽ T )
 もう50時間以上やってるみたいですwww
 その夜は、燃え尽きた感じで、、かなり無気力になりましたwww


 24日(金)  36.9℃

 今日は主治医の外来診察日。
 先生はいつも朝から夕方まで、患者さんの診察にあたって
 それが終わると病棟の患者さん全員の様子を見に来てくれる。
 さらに全体のカンファレンスが晩にあるらしい。
 金曜はとくに忙しいみたい。

 看護師さんいわく、毎日夜10時以前に家に帰ったところを見たことない。
 それが年間360日。
 休みは年に一回の夏休みだけ。
 本当にスーパー臨床マン。
 患者さんの間では、病院の屋上に住んでいるやら
 先生は2・3人は存在するなど噂がたつくらい。

 他の人には、なかなか真似できないことです。
 本当にいつも感謝してます。

 ところで!
 そういう金曜日なので、いつも外来で一緒になる患者さんが面会に(^^)
 思ったより元気そうと言われて、一安心。


 25日(土)  37.2℃

 入院中、さいごの採血。
 きょうの結果をみて問題なければ明日退院。

 荷物の整理をし始めて、担当看護師さんとも最後だったので
 「ドラクエショックのフォローとチワワありがとうございます」と、
 ちゃんとお礼の手紙をかいて。もちろん担当医の先生にもかいて。
 やることのなくなった晩に病室でぼーっとしてたら、
 外がドン、ドンと騒がしい。

 窓の外をよーく見ると、大阪市内のほうで花火があがってる!!
 めっちゃ遠いはずやのに、天神祭りの花火が見えて
 
テンション急上昇↑↑
 もっと見えやすいデイルームへと移動!

 行ってみると、花火終了www
 残念や〜(T□T)
 と、一人騒いでると、近くにいたおばちゃんが話しかけてくれて
 「私も見にきたのにもう終わっちゃったね〜」
 めっちゃ感じのいいおかあさん。

 「残念ですね」 と二人でガッカリ話してると、
 さいごにもう一発、どーーん!!
 花火が上がって、 「まあキレイ♪」
 年が近かったら運命感じそうなタイミング(笑)

 初対面のおばちゃんやったけど、そこから世間話。
 自分たちの病気の話をしているうちに、
 担当医も同じ先生とわかって一気に打ち解けて。
 おばちゃんも治療で入院しているけど、ずっと元気がなかったらしい。
 そこで「お兄ちゃんみたいな人と話せてずいぶん気が楽になった」と話してくれた(^^)

 おばちゃんには娘さんが2人いるけど、息子はいないから
 息子ができたみたいやわと喜んでくれた。
 最後に「ずっと気持ち晴れんかったけど、おかげで今日はぐっすり眠れそう」
 と言って、病室に戻っていきました。
 特になんかしたわけじゃないけど、その日はいい気分で眠ることができました(^^)


 26日(日)  36.8℃

 退院当日。
 一週間の予定が長引いた入院も今日でおしまい。

 いつものように朝食の時間になって配膳車に食事を取りにいくと、
 廊下の端のほうから手を振ってこっちにくる、女性の姿が!
 きのう、出会ったおかあさん。
 小走りで走ってくると、「退院おめでとうね」と一言いってくれた。

 それが嬉しかったので、帰る前に挨拶いきますねと約束して、
 朝食をすますと、いよいよ帰る準備完了。
 看護師さんに、忘れ物チェックしてもらって挨拶。

 おばちゃんも入退院センターの玄関まで見送ってくれて
 別れ間際にアドレス交換(笑)
 外来でまた病棟に顔出しにいきますねと、お別れした。


 暑い中、重い荷物抱えて
 ほっこりした思いも抱いて、家に帰りました。



 というわけで、なんとか無事退院できました!


 今日の薬
 【プレドニン朝晩で8mg、プログラフ1.4mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症

 

2009年7月13日(月)〜19日(日)
DAY 1188〜94  入院生活 一週目

 5年連続、4度目の入院生活のはじまりはじまり。


 今回の入院目的は、
 
慢性GVHDを抑えにかかること!!


 治療としては、点滴で強い免疫抑制剤を入れて
 GVHDの軽減を目指して、症状の変化を見ていくこと。

 一応名前があって、
 
『 ATG点滴投与 』 サイモグロブリン


 
13日(月)  36.8℃

 入院当日。一人で一週間分の荷物を抱えて病院へ直行。
 入退院センターで手続きを済ませると病棟へ。
 顔を真っ赤にしながら詰め所へ行くと、、「○○くん!?」と少し驚かれながら
 懐かしい看護師さんの顔に迎えられた。

 担当のキレイな看護師さんに説明を受けて、検温。
 すぐに主治医の先生とお話。先生はまだ30代前半の若い先生。

 真っ赤になっている顔を見られて、「どうしたの?」と聞かれて
 ここ2日間のことを素直に話しましたwww


 。。。

 土曜日。。天気のいい中、朝一でドラクエを買いにゲーム屋へ。
 20分ほどして家に帰って、一休みしてからゲーム開始。
 お昼過ぎになってご飯を食べおわると急に吐き気が出てきて、
 さらに寒気が出てきたwww
 入院直前に発熱!!38℃を超えて危機を感じて病院に電話。
 とりあえず解熱剤と抗生剤を飲んで様子を見てくださいと指示を受けて、その日は終了。

 日曜日。。さらにいい天気。
 この日は午前中から英検の2次試験があったwww
 熱はなんとか引いているけど、バカ天気が超心配www
 しかも交通機関を使ってきてくださいとの指示が出ているから、
 バイクでの会場に向かうことができない。
 電車を降りて会場まで徒歩20分強www(T T)
 日傘をさしてても暑さでくたばりそう。
 なんとか試験は受けれたけど、とても大変でしたwww

 。。。



 という話を先生にすると、ドラクエのせいやと叱られました。。。

 採血を見ると、案の定CRPが2.8と高め。
 土曜の熱はGVHDによるものか感染によるものかはわからないけど
 ひょっとしたら治療をやると大きなアレルギーが出る可能性があるとのこと。
 熱の症状が完全に落ち着く(CRPが下がる)まで治療を待つか悩み中。

 とりあえず翌日の採血で決めるとのこと。
 入院当日は、胸部のレントゲンをとったくらいで終了しました。


 いきなりのドラクエショックに落ち込んでいると、
 担当の看護師さんが「私もドラクエ買ったから無理した気持ちわかるわよ」
 となぐさめのフォローをしてもらえて、すこし救われました(笑)


 
14日(火)  37.6℃

 入院2日目。
 
朝からいきなり、寝冷えwww
 吐き気、寒気、熱の上昇 → 解熱剤服用 → 血培
 明らかに熱の症状が治まっていないことがわかったので、このままなら
 治療に移れないと、、強制退院の可能性が出てきたwwwwww
 何度も先生にお願いして、治療を受けさせてくださいと懇願。
 採血結果をみるとCRPはマイナス、やっぱり症状とは遅れて現れるから参考ならずwww

 昼過ぎになって、主治医が「 よし!点滴はじめましょう! 」 とGoサイン!!
 薬のアレルギーとして熱が出ても仕方ないでしょうということで投与決定。

 腕に点滴のルートをとって、まずはアレルギー止めの点滴。
 次に、アレルギー確認のための薄くした試験薬を投与。
 副作用として血圧上昇、胸のドキドキがあるくらいで特に異常なし。

 そして、本治療スタート!!
 24時間の点滴、心電図をチェックする機械をつけて24時間管理。
 2時間おきのVITALチェック。
 夜通しで看護師さんに血圧チェックをしてもらいました。


 
15日(水)  37.6℃

 8時間おきに解熱剤を一緒に投与してくれていたので、特に熱も出なく順調。
 ただ、お昼過ぎに一度逆血をしてそのまま点滴がおちなくなった。
 あえなくルートの取り直しwww
 それ以外は、問題なく24時間の点滴終了♪

 抜針をして、夜ご飯を食べたあと。。。
 またまた熱が出てきた〜〜〜
 しかも、微熱www 37.5℃と低めやけど辛いwww
 38℃を超えないと解熱剤がもらえないから、ひたすら我慢。
 すると、下っ腹の横あたりが謎の腹痛www
 ボディーブローを打たれるような、内臓をわしづかみされるような痛さ(> <)
 そして、微熱地獄www
 深夜2時になって、もう寝れないので鎮痛剤の意味も兼ねて解熱剤を出してもらって
 ようやく眠りにつくことができました。


 
16日(木)  37.3℃

 入院後初の入浴。でも女性専用の日だったので小さめのシャワー室で。
 微熱地獄のせいで頭汗だくやったからかなりスッキリ〜

 でも、反動でまた熱が上昇www また解熱剤www


 
17日(金)  38.0℃

 熱はまだ出てるけどだいぶ熱にも慣れてきた。
 ドラクエをやる気力も少しずつ回復中。
 でも、38℃を超えてまた血培しました。


 
18日(土)  36.7℃

 かなり体調が回復!!
 ドラクエしまくりwww
 調子にのってると、夜になって左ひじに水疱が発生。
 せっかく治療をしたのにまた症状出てきたwww(T T)と嘆いていると、
 先生が、治療の効果が出るのは2週間から1ヶ月だよと教えてくれて
 ひと安心。


 
19日(日)  36.3℃

 世間は3連休真っただ中。
 院内は、そんなの関係ねえ。
 顔の赤みもすこし戻ってきたような感じ。
 なかなか思い通りにはいかんな〜


 今日の薬
 【プレドニン朝晩で8mg、プログラフ1.5mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症

2009年7月12日(日)
DAY 1187  入院前日

 明日から一週間ほど入院してきますね!


 前日の今日は、近くの大学まで行って

 英検受験。
 休学中なので、何か目標をと思い立って受けた英検。
 まだまだ準2級と高校生途中レベルやけど、
 今日の二次試験(面接) 緊張したwww (> <)

 自分で何を言ってるか全然わからない というのはああいうことを言うんやろーなー

 なんとか受かってますように!!



 午後からは、入院の準備。
 もう4回目の入院なので手馴れたもの。

 入院中、どうせ長い時間することがないので、
 土曜日のうちに対策としてゲームを購入!!

 ドラクエ9

 

 ドラクエシリーズ。。初めて発売当日に買ってきました。

 物語の内容は、世界に散らばった七つの果実を集めるみたいで、、、
 ほとんど ドラゴンボールやんか(笑)


 あとは三国志の小説があるから、
 一週間くらい問題なし(^^)

 頑張って全力で のんびりしてきます!!





















2009年7月3日(金)
DAY 1178  外来日 入院予定

 皮膚科と血液内科。


 まずは皮膚科。
 いろんなところに出てきた炎症は、悪化はしていなく
 一応治ってきている様子。
 でも、これからも頻繁に出てくると思われるから
 水ぶくれができたら、自分で潰して水を出して処置していいとのこと。

 気になる尖圭コンジローマは、一通り治った感じ。
 クリームよりも液体窒素での切除が一番効果的やったというのが感想。



 時間をあけて、血液内科。
 あいかわらず、データは異常なし!
 けど、皮膚の症状も劇的な改善はなし!

 どっちつかずな皮膚症状を診てもらって
 夏に向けてのこれからの方針を先生と相談。。。

 このまま薬の量が増え続けるのも何やし。。
 どうせなら一気に抑制してコントロールしたい。。。



 よし!入院治療や!



 ということで、  
入院が決定!!


 入院の期間は約1週間、日にちはまだ未定。
 
治療する内容はと言うと、点滴での免疫抑制。

 24時間1日だけ点滴を入れて、慢性GVHDの改善を図る!
 強い免疫抑制が行われるので、感染予防のため3・4日のクリーン生活が必要。
 だから大体1週間をメドに入院が必要やねんて。

 先生が言う、治療のリスクとしては
 薬によるアレルギー反応 と 感染症 の2つ。


 まーこれで、少しでも症状が改善されることを願って
 大人しく1週間ほどのんびり休んできます。

 まだ、空きベッドが出来次第なので病院の連絡待ちです(^^;



 とにかく、発病以来5年連続の入院が決定しましたwww  わかちこ わかちこー!



 今日の薬
 【プレドニン朝晩で8mg、プログラフ1.5mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 WBC 5990  Hb 14.3  PLT 13.4万  CRP (−)  体温 36.3℃
 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症


2009年7月1日(水)
DAY 1176  夢にときめけ!!


 明日にきらめけ!!



 
ROOKIES 卒業  観てきました。


 1日1000円デーを狙って待ちに待ってようやく!


 やっぱり良かったです。
 劇場のお客さんのほとんどが若い女の子。
 さすが、イケメン揃いだけある。


 序盤は笑いもあって、途中からは感動の連続。
 場内には女の子のすすり泣く声が聞こえて、つられて涙。
 終盤につれて、もうこの作品が終わってしまうと思うと寂しくて
 これまた涙。。

 GReeeeN の 『遥か』のメロディーがエンディングを
 際立てて、やっぱり涙。。。


 高校生の時に週刊少年ジャンプで読んでいたマンガ。
 まさか実写のドラマと映画が原作以上の感動を
 与えてくれるなんて。。

 佐藤隆太、市原隼人の演技力にすっかりやられちゃいました(^^)

 

 ルーキーズのパンフレットの中身は、まるで写真集のようでした。



 今日の薬
 【プレドニン朝晩で8mg、プログラフ1.5mgずつ(朝晩)、セルセプト250mg2錠(朝晩)ゾビラックス1錠 (朝)、
 ウルソー各1錠 (朝昼晩)、オメプラール10mg1錠(晩)、ボナロン1錠(土曜朝)、ガバペン一日600mg(朝)】


 体温 36.5℃
 左目の白内障症状・飛蚊症、皮膚のかゆみ・カサカサ・皮疹・左足の炎症




HOME  体験記  Diary -現在-  BBS  リンク
inserted by FC2 system