HOME  体験記  Diary -現在-  BBS  リンク


   

                          化学療法


面会に来てくれるみんなを横目に最初の治療が始まった。
まずは抗がん剤で寛解までもっていく! ただ敵は強敵やった。


 最初にプレドニンていう錠剤(←苦い)を毎朝飲み始めて、初日に髄注(ルンバール)をした。この髄注ってのがやっかいで簡単に説明すると マルク&抗がん剤注入。マルクだけでも嫌やのに…薬を入れた後すごいしびれがくる!(後でマルクとは別のところを刺していると知る)
 最初に針を刺したあたりの背骨がしびれてくるんやけど、だんだん下におりてきてお尻の穴が物凄い勢いで突っつかれてるみたいにしびれる!いたたたた! でもおもしろいからそこまで嫌いじゃない。しびれは30分くらいでおさまるけど、髄注後は1時間ほど仰向けで寝ておかないとダメ(止血のため)  それから数日間は腰痛になる。人生初。

 次の日、急遽外出の許可が出て、家からパソコンをもってくることができた。
 今ではこんなに重宝するなんて思ってなかったけど、なんとなく優雅に快適な病院ライフを過ごすためにという思いで先生に無理言って外出させてもらった。病室は当分の間個室やったから家から好きな物持ってきて自分の家より色んな物がそろっていた。見舞いに来てくれるみんなもいろいろ持ってきてくれるからどんどん増えて、荷物だらけでほんとそうじの人には申し訳なかった。DVDの量だけ見てもも1ヶ月は過ごせるやろうな!お気に入りは、スタジオジブリ作品・スウィングガールズ・M-1グランプリ2003・僕の生きる道・シカゴ


 プレドニンを飲み始めて一週間後、また髄注をして、いよいよ
抗がん剤の点滴がはじまった
 テレビではちょうど高校野球で大阪桐蔭の3年生平田(現 中日)が清原以来の1試合3HRで大暴れしていた。(野球大好き)
 使用した抗がん剤は、オンコビン・ピノルビン・ロイナーゼ。髄注にはメントレキセート・キロサイド。

 やっぱり気持ち悪くなった、二日酔いがずっと続いて..水をガブ飲みした感じ。でも症状はそれだけでけっこう元気やった。この頃の食欲はハンパなかった!プレドニン(ステロイド剤)のおかげで食欲がめちゃくちゃ出て朝から晩までおなかいっぱいになるまでずっとメシ食ってた!ほんまフードファイターばりに食べて食べて、常に胃も腸もお尻もフル回転で今年のJFK並みにずーっと働いてた。


ちなみにこの時の抗がん剤はほとんど効き目がなくて途中で打ち切るカタチとなった。


 いよいよ 
クリーンルーム!!
 いったい何かというと、抗がん剤の副作用のためで白血球・血小板がほとんどなくなってるから、感染症にかかりやすく・出血が止まらない状態になってるためクリーンルームと呼ばれる無菌室で安静にしてなきゃいかん!
 出血に関して看護婦さんからの忠告が「外傷なら処置ができるけど、脳内で出血なんかしたら一命に係わるわよ」って!下手にトイレ中にウンコきばることもできへんぞと注意することにした。
 この部屋に入ると食事制限・面会制限が強いられる。魚介類などの生もの・納豆やヨーグルトなどの発酵食品・持込の食べ物などなどがダメで、家族以外の面会が禁止された。トイレもウォシュレット付きの携帯式、こうなったら恥ずかしがってられんかった。

 この病院では簡易クリーンルームやった。ふつうの個室に大型空気清浄機(アイソレーター)を入れて、部屋の入口付近をビニールで囲って遮断、ベットの頭から入口方向へ流れる空気の流れを作った部屋やった。インターネットで他の人の体験記を見てた中では簡易なクリーンなんてなかった!さすがみんなの市民病院!!と思ったけど最近アメリカとかではクリーンルームも緩和されてきているらしいから気にはならんかった。


 入る前に
「精神的にやられるから気をしっかりね♪」
 「昔なかなか出れんかったおばあちゃんが幻覚見出した」とか聞かされてたから緊張した。

 いざ入ってみて2日目ぐらいまでは慣れない事だらけに参ってた。しかし、少し経って気付いたことが看護婦さんがよく来てくれる・静かで落ち着く!悪いことだけじゃないかもしれん 思い込みやったとしてもそれでよかった。

 やっぱり悪いことはたくさんあった。クリーン用の低菌食、おいしいわけがない!味がないから調味料足す足す足す!
 髪の毛がムチムチ抜けてきたから、これは前もって坊主にするぞと張りきって看護婦さんにバリカンで刈ってもらった!それでも抜けるもんは抜けるのであって短くなった毛が抜けると頭にチクチク刺さってイタイイタイ!ほんま大変やった。でも坊主姿はみんなに好評でうれしかった。
 床ずれで背中??左腰あたりにデキモノができた。仰向けになると痛くて夜まともに寝れんくてずっと横向きに寝たりうつぶせで寝たりと、厄介な事にこいつに一ヶ月以上苦しめられた。このとき寝るためにもらった痛み止めが恐ろしいぐらい効いてファーってなって空を飛んでる感覚も経験した。

クリーンの期間は案外早く8日間であけた。この日は阪神中日の天王山やった!中村豊のHRで阪神が勝った試合。
クリーンルームの感想は、大したことがなかったおかげでそんなにきつくなかった

 クリーンから明けてすぐに看護婦のMさんが違う病院へしばらく研修に行くことになり最後の日に顔をのぞかしてくれた。この人は、子供はいつか持ちなさいって励ましてくれた看護婦さん。いっしょに阪神応援したり、『僕の生きる道』のDVD貸してあげたり、バリカンで坊主にしてくれたり、いろんな話聞いてくれた。まだ小さい娘さんの話しを聞かしてくれた。すごい話しやすくてサッパリした看護婦さんで、看護士としてはまだまだ修行中の身らしいけどいつも人の気持ちを癒してくれる立派なナイチンゲールでした!ほんと会えて、最後に日ごろのお礼が言えてよかった!(^ ^)
 初めての外泊!太陽の光がほんとに眩しくて..バスに一人で乗ったときの自由と解放感がたまらなくて泣きそうになった。嬉しくて走ってみたら足は正直でイタタタタ。夜メシは姉家族と焼肉屋! それまで少し時間があったから原チャに乗って遊びに行こう!とこれまた一人で疾走! このときはほんまどこまででも行ける気がした! o「―o =3 =3

行ったのは働いてた2つのバイト先!みんなビックリさせれて大成功やった。 この日食べた焼肉はほんまおいしくて外食のありがたみを思い知った!ほんまおいしかったなぁ。

  闘病記TOP  

‐3‐

 




inserted by FC2 system