HOME  体験記  Diary -現在-  BBS  リンク



長嶋 茂雄


ミスタープロ野球



 経歴


〜幼少時代〜

 1936年2月20日、千葉県印旛郡臼井町(現 佐倉市)にて生まれる。
 少年時代に、藤村富美男に憧れて野球の道を志す。当時は阪神ファンだったらしい。

 千葉県立佐倉第一高校(現 佐倉高校)から、54年、立教大学へと進学する。



〜大学時代〜

 当時の東京六大学野球は、絶大な人気を誇りプロ野球に匹敵するほどだった。
 長嶋は注目の高いリーグの野球部への入部後、猛練習を重ねて正三塁手につく。
 すると56年春・57年秋に首位打者を獲得。さらに55年秋から57年秋まで三塁手として5期連続のベストナインに輝く。
 極めつけは、当時の
通算本塁打新記録となる8本塁打を樹立する。
 同期には
杉浦忠本屋敷綿吾がいて『立教三羽烏』と呼ばれた。

 当然プロ入り確実と注目の中、次の球団が名乗りをあげた

  
南海  広島  巨人

 この3つの球団の中でも、南海には大学の先輩の
大沢昌芳(大沢おやぶん)もいて、大沢をとおして熱心に長嶋と杉浦に多額の栄養費として勧誘を進めていた。
 そして、ほぼ長嶋、杉浦ともに南海への入団が決まっていた中、一転して長嶋は巨人への入団を決めた。


 そして58年、東京六大学でもスターで、走攻守のそろった大型内野手が
読売巨人軍に入団した。
 
背番号は「3」、それまで千葉茂がつけていたもの。契約金は当時としては破格の1800万円、入団前からの人気も期待もまさに『ゴールデンルーキー』だった。



〜プロ入り・新人時代〜

 58年4月5日、国鉄スワローズとの注目のデビュー戦は開幕3番サードとして迎えた。
 しかし、マウンド上で長嶋の前に立ちはだかったのが400勝投手
金田正一。この日長嶋と対戦するために特訓と研究を重ねてきたという金田の前に4打席4三振を喫して、デビューを果たした。

 しかし、プロの球速に慣れるとその実力を発揮しすぐに頭角をあらわしはじめた。

 シーズン終了してみると、
本塁打・打点で2冠王、打率も2位と、新人離れの活躍であわや3冠王だった。
 それだけではおさまらず、
130試合全イニングフル出場、最多安打、最多二塁打、最多塁打、最多得点も記録、盗塁でもリーグ2位、そして驚くのが敬遠数が15個という記録が残っている。

 ちなみに、この年の9月にホームランを放った後に、一塁ベースを踏み忘れてホームランを1本取り消される珍事を起こしているため(公式記録はピッチャーゴロ)、本塁打数が30本の大台に乗りルーキーで『3割・30本・30盗塁』を果たしているところだった。ただ、このホームランが成立していたら息子の一茂が放ったセ・リーグ3万号ホームランが「30001号」になっていたかもしれない。


 そして、文句なしの満票で
新人王を獲得している。


年度別成績

年度 試合数 打率 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 三振 併殺 得点 四死球 盗塁 犠打 犠飛
 1958 130 .305 502 153 34 8 29 290 92 53 3 89 41 37 1 6
   59 124 .334 449 150 32 6 27 275 82 40 9 88 74 21 0 5
   60 126 .334 452 151 22 12 16 245 64 28 8 71 70 31 0 2
   61 130 .353 448 158 32 9 28 292 86 34 14 84 89 14 1 5
   62 134 .288 525 151 38 5 25 274 80 61 14 69 56 18 0 3
   63 134 .341 478 163 28 6 37 314 112 30 14 99 89 16 0 10
   64 133 .314 459 144 19 6 31 268 90 34 8 81 101 13 0 6
   65 131 .300 503 151 23 5 17 235 80 42 16 70 52 2 0 5
   66 128 .344 474 163 31 3 26 278 105 39 17 83 61 14 0 8
   67 122 .283 474 134 25 3 19 222 77 37 24 65 38 2 0 3
   68 131 .318 494 157 21 4 39 303 125 40 19 80 69 8 1 5
   69 126 .311 502 156 23 2 32 279 115 58 15 71 40 1 0 4
   70 127 .269 476 128 22 2 22 220 105 52 15 56 40 1 0 9
   71 130 .320 485 155 21 2 34 282 86 45 20 84 61 4 0 1
   72 125 .266 448 119 17 0 27 217 92 34 23 64 64 3 0 8
   73 127 .269 483 130 14 0 20 204 76 35 20 60 38 3 1 8
   74 128 .244 442 108 16 1 15 171 55 33 18 56 29 2 1 4
通算成績 2168 .305 8094 2471 418 74 444 4369 1522 729 257 1270 1012 190 5 90

 





〜プロ全盛期〜



 
天覧試合 

 59年6月25日、後楽園球場で行われた 読売巨人−大阪タイガーズ戦は、日本プロ野球史上初となる 天覧試合(天皇が観戦する試合のこと) となった。この天覧試合こそが
長嶋をプロ野球史上最も輝かせる舞台となった。
 試合は、巨人が
藤田元司、阪神が小山正明の両エースの先発で始まった。
 先制したのは阪神、3回表に投手の小山自らがタイムリーを放ち0−1。巨人の反撃は5回裏、四番・長嶋のレフトスタンドに突きささるホームランで同点、さらに続く五番・坂崎もホームランで2−1と逆転。
 しかし、阪神もすぐさま反撃し、6回に
三宅秀史のタイムリーと藤本の一発で2−4と再逆転する。そして7回裏、巨人の攻撃で当時新人だった六番・王貞治ONで初となるアベックホームランを放ち4−4の同点となる。ここで阪神は先発の小山から村山実をリリーフにあて巨人の反撃を同点どまりに留める。

 そして4−4の同点で迎えた9回裏。
 先頭打者は長嶋。村山の投げたストレートを見事弾きかえし、この熱戦に終止符を打つレフトスタンドに突き刺さるサヨナラホームランを放った。

 5−4で巨人の勝利で終えたこの試合は、
長嶋自身初のサヨナラホームランとなり、後に数多く王と繰り広げたONアベックホームランの始まりであり、長嶋を日本プロ球界のスターへとのぼりつめる試合となった。



 
ON砲

 62年、王が本塁打と打点の2冠王を獲得して以来、王と長嶋は巨人の主軸打者として
ON砲と称されるようになった。
 これは、当時メジャーの絶大な人気を誇った球団ニューヨーク・ヤンキースの主軸打者の
ミッキー・マントルロジャー・マリスを称して名づけられたMM砲にちなんで呼ばれたものである。

 打順のほとんどは3番王、4番長嶋だった。ホームランの王というのがイメージが強いため普通4番は王で思われがちだが、この打順には、長嶋の4番に座った時の成績が一番の理由として物語っている。



 打順別成績

打順 出場試合 打数 安打 本塁打 打点 打率
1番 30 110 32 13 .291
2番 11 .545
3番 578 2206 643 112 357 .291
4番 1460  5396  1694 314  1075 .314
5番 92 335 83 11 63 .248
6番 16 .438
代打 18 20 .300
2168 8094 2471 444 1522 .305


 見てのとおり、4番に立った時の成績が群を抜いている。このためホームランの王が3番、チャンスに強い長嶋が4番にすわることが多かった。
 それでも打順は両者のコンディションによって3・4番が入れ替わることもしばしばあった。
 この王・長嶋のコンビは球界を代表するバッターとなり、いつも打撃主要3部門のタイトルを二分しあい常に名を連ねていた。そして、65〜73年まで続いた
巨人の日本シリーズ9連覇というジャイアンツの黄金時代の柱となって、間違いなく球界全体を支えていた。
 日本ではON砲の他に、西武黄金時代の
秋山幸二清原和博AK砲が有名。




 長嶋は4番だけでなく、ここ一番の試合にその勝負強さを申し分なく発揮した。
 そしてよくあげられる呼び名が
「お祭り男」
 今でいうと清原がお祭り男として有名だが長嶋は格別に凄い。

日本シリーズ
 お祭り男っぷりを最も披露したのがシリーズの活躍。現役17年間のうちに巨人軍はV9時代を含んで実に13回のリーグ優勝を果たす。
 73年のシリーズこそケガの為出場を辞退したが12回のシリーズ出場での通算成績は
 
計68試合(43勝25敗) .343 25HR 66打点 と文句のつけようのない成績である。
 17年間の現役生活で、巨人軍がリーグ優勝を果たしたのは実に13回。長嶋・巨人の黄金時代であった。
 
オールスター
 人気実力ともに抜群の長嶋はスター選手の称号ともいえるオールスターで、17年間の現役生活において全てファン投票で選出されている。
 64年はケガによる出場辞退したが16回のオールスター出場での通算成績は
 
計43試合  .313 7HR 21打点 とこちらも申し分ない成績を残している。

開幕戦
 ペナントレース最初の試合、選手としては最初のヒットを放つまでプレッシャーを感じる開幕戦でもその勝負強さを発揮した。現役17年間で、10本の開幕ホームランを記録している。このうち一試合は2打席連続ホームランも放っている。世界のホームラン王の王ですら22年間で開幕ホームランは6本ということを考えると、長嶋が開幕戦にかける集中力は凄まじいものを感じる。



 魅せるプレー


 とにかくファンを楽しませることを第一に考えた長嶋はそのプレースタイルでも多くの観客を沸かせた。

サードの守備
 打撃のみならずまず注目されたのが三塁手としての長嶋だった。
 どんなに平凡なゴロに対しても猛烈なダッシュをかけてダイナミックなプレーにみせた。評論家からの間では「長嶋は簡単なゴロを難しく見せる」と評されもした。見せ場のないフライなどはショートにまかせたりして、トンネルなどの平凡なエラーですら大胆なリアクションを魅せてずっとホットコーナーを沸かしていた。


      

豪快な三振
 三振しても長嶋、そんな声が聞こえてくるような豪快で気持ちのいい空振りでも観客を賑わせた。ヘルメットもわざと吹っ飛ぶように大き目のものを使用して飛ばす練習すら励んだという。




〜衰え・そして引退〜




 ちょっと休憩  






 注:長嶋さんの似顔絵のよしあしは許してくださいね。 やっつぁん


やきゅうのページへ












inserted by FC2 system