HOME  体験記  Diary -現在-  BBS  リンク





再移植 −膀胱炎と無菌室脱出−


まさかの生着不全。
前に進むことを決めて選んだ道は再移植!
白血球50、悪化する出血性膀胱炎
という状況でリスタートした!


 4月。新年度のスタート、気持ちも新たに今日からまた移植に向けて闘いがはじまる。

今の目標はもちろん『 再移植 』 これにむかっていくだけ。

 予定は
 中旬ごろに5日間持続の前処置。
 4/10〜13頃にさい帯血を再移植をする予定。

 ちなみに前処置といっても1回目のようにTBIなどはしなくて、あくまでケモ(化学療法)レベルの治療。
 だから気をつけることは、今の全身状態を維持すること。今までとかわりなく感染予防を心がけるだけ。
 無菌室脱出目標はゴールデンウィーク明けか!



 膀胱炎が牙をむいた。。。

 激痛が四六時中。。。痛すぎる。痛み止めも24時間持続タイプに切り替えたけど全然効果なし。
 出てくる尿は
真っ赤。なんにもできなくて夜ご飯も手つかず、ものの1分ですら我慢もできない。
 おしっこの間隔が1分ももたないから横になることもできない。ずーっと起きっぱなし。。。

 痛い、寝れない、動けない、横になれない、なんにもできないのないない尽くしの状態が夜通し続いた。
 たまらへん。。。

 結局一睡もできず先生に相談したところ、痛みを和らげるのにモルヒネもあるらしいが、2度目の尿道カテーテル挿入を決断。
 すると、ようやく横になることができるようになった。
 それでもやっぱり痛い。。。すぐにモルヒネ使用。


 そして
『再移植』が最終決定したことを告げられた。
 今日の白血球は80、もう増えてくることはないと最終判断をして再移植が決定した。

 予定は

 6日〜10日 抗がん剤治療がスタート(5日間)
 4月12日   さい帯血を再移植



 膀胱炎。。。その恐ろしいことは、膀胱で固まった血が血栓として管に詰まるというハプニング!
 対策として膀胱洗浄といって注射器で水を入れて膀胱を洗う処置が行われる。

 詰まって何が大変かっていうと。。。
 詰まると血だらけでボロボロの膀胱に尿がたまって激痛に襲われる!!

 わかってたはずなのに、事件は現実に起きた!
 いつものような洗浄中に水を膀胱にためた後、注射器をひいてみた。
 すると引いて戻ってくるはずの水が戻ってこない。巨大な血の塊のせいで管が詰まった!!
 その瞬間から一気にとんでもない激痛が走る(((T□T)))
 声にならない、ありえへん痛み!!!!時間が経つに連れて尋常のない痛みに変化!!
 痛がってうなっているやっつぁんを見て先生は急いでカテーテルを抜く作業!そして抜いた瞬間、あたりは一面血尿まみれになった。
  今まで鎖骨を骨折したりお腹壊したり痛さを味わってきたきたけど、あの時の痛さは今までの人生の中で一番の激痛。。。チャンピオンやった。。。
 むかし、出産は「鼻からスイカを出すくらいの痛さ」という例えを聞いたことがあるけどその気持ちがわかる。いま例えて言うなら膀胱をアイスピックでキリキリ引き裂かれるような痛さ。
 ほんま移植前の前処置すら忘れてしまうぐらいの驚異&凄まじさやった。
 OTL タマランカッタ。。。
 膀胱炎なんて大っ嫌いやーーー!!!!




 膀胱炎と格闘しながら、再移植に向けた前処置が開始。
 使用する抗がん剤は
 フルタラビン 、 テスパミン 、 エンドキサン の3種類。
 まず、フルタラビンを5日間連続で入れて、テスパミンを最初の2日間、最後の2日間にエンドキサンが登場する。



 白血球がほぼゼロの中での回復は見込めない。
 絶対にやってやるという気持ちだけが前に突き進ませていた。


 再移植前日、白血球数はついにゼロをカウントした。



そして、2度目となるさい帯血移植が始まった。。。



 前回とは違い、感動よりも覚悟のほうが強かった。
 研修医や学生さんたちの多くのギャラリーに見守られる中、
 AB型の女の子の血がやっつぁんの体の中に注がれた。
 今回もどことなーく磯の香りに包まれて海を感じた。




 やっとこれから再スタート 今日からやっと仕切りなおしや!
 今度こそしっかり元気になる。B型ちゃんの分まで今度はAB型ちゃんといっしょにがんばる!





 DAY 1

 クリーン生活も50日を越えるころ、野球界ではアニキ金本が904試合フルイニング出場の世界記録を樹立していた。 まだまだ負けてられない。
 ひたすら続く、膀胱炎の痛みと免疫抑制剤による吐き気。。。そしてモルヒネからくる意識障害、、、思考の連続で錯乱状態。。。


 DAY 4

 この日から食事をとめてもらった。絶食の開始。


 DAY 6 

 発熱。。。DAY9フィーバーか!?
 CRPが上昇するのとともに、膀胱の炎症も増す。。。横になれずマクラを4つほど重ねて寄りかかるようにしてすわって寝る(←寝れるわけない)



 AB型ちゃんが底力を見せ始めた。



 DAY 9 

 
白血球数 40  UP!!

 おぉ!!上がってきた!(゜ ▽ ゜ ) しかも手足には赤〜い皮疹も!
 実はステロイドを使用した効果が出たらしい。



 DAY 10 

 
白血球数 80   UP!!!!

 1週間ぶりに平熱に♪ また脱毛が始まる。


 DAY 11 

 
白血球数 130  UP!!

 カラダがむくんでムクムクみん。。。


 DAY 12 

 
白血球数 150  UP!!

 なんと好中球が15%も出ているとの嬉しい知らせが♪



 DAY 13・14・15 

 
白血球数 260 →  230 ↓ → 280 UP!!!!

 10日ぶりに食事を再開。



 DAY 17 

 
白血球数 400  グーンとUP!!

 前回の移植で大きなカベとなっていた300の大台も一気に突破!!先が見えてきた!!



 DAY 20 

 
白血球数 510   UP!!!!




 ずべては、ただ「正着」をクリアするために。
 〔正着とは〕
 白血球の一種の好中球(赤ちゃん)が500を超えること。


そしてついに、



 DAY 23 
  白血球数 1060  

 2回目のさい帯血移植で23日目。1回目の移植を合わせると無菌室生活 71日目にて、ようやく。。。
 念願の正着を果たす!!




 ダルさや膀胱炎にも苦しめられながらも、インスタント食品の解禁などで食欲と元気がわいてくる。


 DAY 29 

 白血球数 4640

 再移植後、初めてのマルク。結果良好!!AB型ちゃんがしっかりとやっつぁんに根付いてくれていることが確認できた。
 白血球はしっかりと上がってきて、移植の間一番辛かった膀胱炎の症状が影を潜め始めた。


 そして、ついに長い付き合いだった尿道のカテーテルとおさらばの時がきた。
 嬉しいの一言。もう2度と膀胱炎なんてしたくない。。。



 無菌室の脱出が見えてきた!

 クリーンから出たときにある程度動けるように、トレーニングの開始。まずはその場での足ふみで無茶は禁物。


 DAY 41 

 そしてついについに!
 無菌室を脱出したどぉーー!!((T □ T  )))

 さい帯血移植1回目をしたのが2月の今日、ちょうど3ヶ月前のこと。2回目の移植から41日目実に無菌室生活丸々3ヶ月間。。。いろいろあったなぁ、、、1回目の生着不全、何よりも膀胱炎。。。
 この日をもって一つ区切りが付く!! まだまだ通過点やけどこの脱出劇だけは自分を褒めてあげたい!

 準クリーンの個室へ引越し。
 拒絶されたとき、あきらめなくて本当によかった。


 次は、退院に向けてガンバルだけ!!





    

‐9‐

 


inserted by FC2 system